なぜ「付き合って3ヶ月はセックスをお預けしろ」説を信じてはいけないのか?

記事更新日: 2020/08/25

ライター: 川口 美樹

この記事を書いた人

川口 美樹LoveBook編集長

恋愛・結婚・パートナーシップの専門家として書籍の出版やTVにも出演

 

マッチングアプリや結婚相談所業界の裏側にも精通。Twitterのフォロワーは1.3万人。(プロフィールページ

 

「お付き合いしてから3ヶ月経つまで体の関係を持つな」論の是非について、フォロワーさんからご相談をいただきました。

これは、たびたび議論になりますが、僕は明確にこの説を否定しています。

確かに、遊び目的の相手を排除することにはなるのかもしれません。

しかし、信頼関係を築く上でのデメリットが多すぎるのです。

 

▼相談内容「付き合ってから3ヶ月は体の関係を持たない方がいい?」

こんにちは。ゆきと申します。

 

ご相談なのですが、最近

  • 「お付き合いしてから3ヶ月経つまで体の関係を持たない方が良い!」
  • 「いやいや、体の関係を持っても大丈夫!」

この二つの派閥がTwitterであることを知りました。

 

私自身、今までお付き合いしてすぐ体を許してきた側です。

しかし、この3ヶ月ルールを提唱されている方々の意見を聞くと、

  • 相手が自分に本気かわかる
  • 見極める前に都合のいい女になりやすい
  • もしもの場合離れにくくなる

など、なるほどなと思う部分が多々あります。

次お付き合いする人にはこのルールを実践すべきなのかな?と考えています。

 

川口様がこの3ヶ月ルールについてどういう考えを持っているのか?

教えてもらえると嬉しいです。

川口

付き合う前に体を許すな、ならまだわかります。

 

でも、「体も許せないような人となぜ付き合うのか」は全く理解できません。

 

3ヶ月試すくらいなら、最初から付き合わなければいいじゃんって思いますけどね。

僕と妻の場合は

  • 初回デート(お茶と晩ご飯)
  • 1週間後には2回目デート(カラオケ)
  • 2週間後にはお泊まりデート(告白&セックス)

でした。

出会って2週間でセックスしてますけど、結婚もしているし、不仲でもありません。

僕以外にも「関係なくね?」と言及している人が男女ともにたくさんいるので、愛されるかどうかにセックスのタイミングは全く重要ではないと考えています。

「簡単に身体を許すな」派の人たちの盲点とは?

『付き合って3ヶ月は身体を許すな』派(以下、『許すな派』)の人たちの主張は主に次の2点です。

  • 遊びの人間を排除できる
  • 都合のいい女にならずに済む

川口

付き合って3ヶ月我慢させれば「ど本命の彼女」になれるそうです。

『許すな派』の主張は、一見筋が通っているように見えますが、いろいろなところにロジックの綻びがあります。

遊びの人間を排除できる、は正直怪しい

『許すな派』は口を揃えて『彼があなたに真剣なら3ヶ月は絶対に待てる』と言います。

なんなら、「この子はちゃんとしている子なんだ」とリスペクトすることさえある、とも主張しています。

川口

でもね、遊び目的でも正直3ヶ月くらい待てるんですよ。

その3ヶ月で他の女とヤッてる可能性もある

本命相手なら3ヶ月なら待てる、は正しいです。

確かに本当に好きな人が、「3ヶ月はしたくない」というならそれを守るでしょう。

でも、遊び目的の人は3ヶ月は待てない、は誤りです。

遊び目的の人は、何せ遊び目的ですから、一人の人だけを対象にしているとは限りません。

ヤリモク

この子はガードが固いから、とりあえず3ヶ月は放置して安心させよう。

 

その間は、別の女の子とエッチしていればいいや。

と考えている人はゴロゴロいます。

「3ヶ月ルールを守っている」ように見えても、裏で何をやってるのかはわからないのです。

セックスを愛情表現だと思っている男を取りこぼす

川口

僕が仮に妻との3回目のデートでセックスを拒まれていたら・・・?

僕は、セックスは愛情表現の一つであり、信頼関係を築く上でとても大切なコミュニケーションの一つだと思っています。

ですから、セックスを断られるとコミュニケーションを拒否されたと感じます。

「セックスを受け入れてもらえるかどうか」も信頼関係の要素として考えているのです。

もしあの時、妻がこの3ヶ月ルールを実施していたら、僕はアプローチをやめていたかもしれません。

人間関係の深さは「関係の長さ」に必ずしも比例しません。

3ヶ月に拘ってしまうと「本命」の相手こそ取りこぼす可能性があるのです。

都合のいい女になる、のはセックスをしたからではない

もう一つ『許すな派』の人たちが警鐘を鳴らすのは、「女の子はセックスするとその人のこと好きになる」ということです。

『許すな派』

セックスすると、オキシトシンによって相手に愛着が出てしまうから、離れにくくなってしまうんだよ!

という論拠なのですが、もしその通りなら、セフレが何人もいる女性の説明がつきません

彼女たちは、セックスするたびにセフレたちを好きになっているのでしょうか?

そんなわけないですよね。

川口

実は、セックスすると好きになる現象は、「認知的不協和の解消」で説明がつきます。

セックスして好きになった、ではなく好きだからセックスしたに切り替える心理

「認知的不協和の解消」とは、人が矛盾する認知を同時に抱えた時、その不快感を解消するために、自身の信念や解釈をねじ曲げるようとする心理作用のことを言います。

例えば、「自分はヤリマンではない」と思っている女性が、「そんなに好きでもない男とセックスする」と、自分の中で矛盾が起きます。

この時、「自分はヤリマンではない」という信念を守るため、「そんなに好きでもない男とセックスした」という事実を、「好きな男だったからセックスした」という解釈にねじ曲げるのです。

自己正当化のために「好き」になる

認知的不協和の解消は、脳内で瞬時に無意識で行われます。

そのため、本人が「認知的不協和の解消してるぞ〜!」と認識することはできません。

だから、あたかも「セックスをしたから好きになってしまった」かのように錯覚してしまうのです。

川口

これなら、セフレが何人もいる女性の説明がつきますよね!

なぜって、「好きな人とじゃなくてもセックスする」という認知と、「好きな人とじゃなくてもセックスした」という事実に矛盾がないですからね。

「セックスをお預けすれば本命になる」は嘘

以上、

  • 3ヶ月以上待てるヤリモクもいっぱいいる
  • セックスを大事に考えている男性もいっぱいいる
  • セックスを許すから都合のいい女になるわけではなく
  • セックス前後のセルフイメージの影響が大きい

の理由から、「セックスをお預けすれば本命になる」という説を僕は支持しません。

3ヶ月待ってみて、セックスが酷かったらどうするの?

川口

他にも疑問があります。

3ヶ月待ったとして、無事本命だったとして、実際にセックスをしてみたら中身が最悪だった。

『許すな派』の人たちは、この可能性をどう考えるのでしょうか?

「3ヶ月待ってくれたらなら付き合う」なら、セックスがひどくても、絶対に付き合ってくれるのでしょうか?

女性:「3ヶ月待って」

男性:「待ちました」

女性:「相性合わなかったんでやっぱり無理です」

となったら、とんでもなく自分勝手だし不誠実ではないでしょうか。

『許すな派』

3ヶ月待てるど本命の相手とのセックスであれば、問題になることはない

のだそうですが、離婚した夫婦の12.7%が「性的不調和」を理由にしている(平成25年度の司法統計)ことを知らないのでしょうか?

相手とのパートナーシップを見極める上で、セックスの良し悪しはとても重要です。

セックスから見えてくる相手の人間性

セックスにはその人の価値観や性格がモロに出ます。

理性が弱まっている分、普段は隠している「性根」の部分が顕わになります。

▼セックスで見抜く相手の性格(一例)
  • 前戯が短い=自己中心的・愛情不足
  • キスが強引=自分勝手・短期
  • ワンパターン=好奇心・向上心の欠落
  • 避妊=教養・リスク管理能力を測れる

セックスをしてみてわかることも多くあります。

絶対にセックスはした方がいい!とは言いませんが、「3ヶ月はしないぞ」と決めてしまうことで見逃すこともたくさんあるのではないでしょうか。

こればかりは、しないと男分からないときあるよ。長く延ばしたところで捨てられたり。早くても捨てられたり。

引用元:https://girlschannel.net/topics/841909/

相手を信用しなければ相手からも信用されない

『許すな派』派の人たちは、『どのタイミングで関係を許すか』が二人の関係性において重要であると主張します。

しかし僕は「それよりももっと重要なことがある」と考えます。

それは、自分が相手を信用しなければ相手も自分を信用しないということです。

信頼関係は、自分が相手を信用すると決めるところから始まります。

相手を条件付きで「ジャッジ」しようとすると、その瞬間から信頼関係は崩壊していきます。

「期間」で相手の本気度は測れない

僕は「3ヶ月お預けする」という行為が、相手(男性)を信用していない態度そのものに感じます。

3ヶ月待てれば本命、待てなければ遊びと「ジャッジ」されるのが気持ち悪いです。

その人が自分に対して本気かどうかは、相手のありとあらゆる言動から見極めなくてはいけません。

「3ヶ月」という期間だけでは、相手の本気度なんて測れません

信用できない人と付き合うな

もっというと、本気じゃない可能性がある男となぜ付き合うのでしょうか。

川口

告白を受け入れるなら、相手の本気度も踏まえて受け入れるべきです。

これが、告白された相手に「まだ信用できないから、エッチはしないけどデートはしてもいい」というならまだわかります

しかし「付き合ってもいいけど、3ヶ月で本気度を試させてもらうわね」は筋が通りません。

相手の本気度なんて「セックス以外」で見極めろよ、と僕は思います。

信頼関係は常に自分から始まる

「付き合って3ヶ月は体の関係は許さない」というスタンスは、裏を返せば男性が女性に「付き合って3ヶ月間でどれだけ尽くしてくれるかで本気度を判断する」と言うようなものです。

どんな相手であろうと、自分が付き合うと決めた相手なら信用しなければなりません。

  • 「相手がこうしてくれれば信用する」
  • 「こうしてくれなければ信用しない」

そうやって、傷つくことを恐れて相手を試すようなことをしても、信頼関係は築かれません。

傷つく覚悟もない人間がパートナーシップを築けると思わないことです。

なぜ「付き合って3ヶ月はセックスをお預けしろ」説を信じてはいけないのか?

僕の『許すな派』に対する意見をまとめますと

▼「3ヶ月お預け理論」への批判
  • 遊び目的の相手を100%排除できない
  • 「女性はセックスをするから好きになる」わけじゃない
  • セックスを大切なコミュニケーションだと考える誠実な男性がいる
  • セックスに満足できなかった場合のリスクヘッジがされていない
  • セックスだけで相手の本気度なんて測れない
  • 信用できない人とそもそも付き合うな
  • 信頼関係は常に「自分が相手を信用する」ことから始まる

ということになります。

もちろん、僕の主張が全て正しいとは思いませんし、賛否両論あってしかるべきです。

大事なことは自分なりの信念を持ち、そしてその信念に沿う人と付き合い、コミットすることです。

川口

結局最後は「決め」の問題ですからね。

この記事に関連するラベル

結婚式場サイト一覧

ページトップへ