不倫相手を愛してるって?いえいえ、それはおそらく『依存』ですよ

記事更新日: 2021/12/30

ライター: さくら

この記事を書いた人

さくら泥沼不倫の経験をもつ心理カウンセラー

人生のどん底を経験したからこそ伝えられる真実・男女関係のリアルを、経験者・専門家の視点から語ります。

不倫は、一度ハマると抜け出せないアリ地獄のようなもの。

彼と青空の下歩けなくたって、腹をわって二人の将来を話すことができなくなって、周りの人が自分の周りからいなくなったって

『彼さえいれば他はなにもいらない』

そう思ってしまいます。

私自身、慰謝料におびえながらも、理解してもらえない関係性に苦しみながらも、決して彼と会うことを止められませんでした。

こんなことが、現実にあり得るんですよね。。

でもきっと、この不倫相手側の女性も、最初からこんな異常な心理だったワケではないんです。

さくら

なぜ、数百万円支払うリスクを背負ってまで、人は不倫をやめられないのか?

なぜ、不倫相手に対して異常な執着心を持ってしまうのか?

さくら

その理由は不倫依存にありました。

承認欲求を満たすための恋愛、感覚を麻痺さてゆく異常な関係性、ドーパミンによる興奮状態…。

これらの要因が絡みに絡み合った結果、人は不倫から抜け出せなくなるのです。

さくら

この記事では、不倫経験者心理カウンセラーの視点から不倫依存の恐怖を説明していきます。

不倫依存の正体①脳内麻薬

不倫依存の正体①脳内麻薬

さくら

不倫をやめられない理由の1つは『脳内麻薬』にあります。

脳内麻薬とは、幸せやドキドキを感じる“快楽ホルモン”のことです。

エンドルフィンドーパミン等を総称して脳内麻薬といいます。

恋愛初期は、脳内が快楽ホルモンで溢れかえり、高揚感や多幸感でいっぱいになります。

この脳内麻薬は、不倫をしていると大量分泌されやすいんです。

何故なら人の脳は不安や障害を感じると脳内麻薬を大量に分泌するから。

さくら

不倫中は、常に危険と隣り合わせ。
多くの不安と障害が付きまといます。

▼不倫中に生じる不安と障害

  • 「誰にもバレてはいけない」という不安
  • 「彼の奥さんや自分の夫にバレるかも」という不安
  • 「私以外にも不倫相手がいるのかも」という不安
  • 「一緒にいない時奥さんと仲良く過ごしているのでは?」という不安
  • 「友人や家族からの反対される」人の障害
  • 「ホテルや私の家でしか会えない」環境の障害
  • 「1週間に1回夜の時間しか会えない」時間の障害

これらの障害を感じるたびに、ドーパミンの分泌量は増していきます。

時間がたつと脳内の脳内麻薬は減少していきますが、不倫行為で一時的な快楽を得られた脳は、再びドーパミンを欲します。

脳内麻薬の乱高下を繰り返すうちに、脳はさらなる快楽を欲していき、最終的には

「彼のことを思うと何も手につかない!」

「他人の家庭をブチ壊しても構わない!」

といった気持ちになってしまうのです。


いわば不倫を燃え上がらせている正体は、脳内麻薬への依存。

つまるところ

『不倫相手と会うことで、脳内麻薬で気持ちよくなりたい!!』

という状態なんです。

あなたが彼と会っていない時間が辛いと感じた時は

「体が脳内麻薬を欲しているんだな」

ということを思い出してくださいね。

さくら

不倫依存を抜け出すためには『快楽に依存する自分を自覚すること』が大切です。

 

不倫依存の正体②人間心理

不倫依存の正体=脳内麻薬

さくら

不倫依存に大きく影響する人間心理は、以下の4つです。

▼不倫をやめられない人間心理4つ
  • サンクコスト効果
  • 損失回避性
  • 保有効果
  • 認知的不協和

 

彼といた時間を無かったことにしたくない【サンクコスト効果】

不倫依存の正体=サンクコスト効果

サンクコスト効果とは

既に費やしてしまった費用を惜しんで、合理的な判断ができなくなること

を指します。

時間やお金・労力などがこれに当てはまります。

さくら

このサンクコスト効果は、日常的に作用しています。

▼日常でみられるサンクコスト効果

  • 映画開始後30分で面白くないと感じたが、最後まで見てしまう
  • パチンコで3万円も負けているが諦めきれない
  • 新規事業の採算がとれなくなったものの、これだけ労力や時間をかけたのだからと撤廃できない

さくら

サンクコストは、正常な判断をできなくさせます。


更にやっかいな事に、人はサンクコストを支払えば支払うほど、その対象に対して執着や依存をしてしまうようになります。

  • 結婚する気のない彼氏と8年付き合っているが、なかなか別れられない
  • 付き合ってくれないのに、700万円注ぎ込んだホストから離れられない

さくら

費やしたコスト(時間や費用)が大きい分、抜け出すことが難しいことは容易に想像がつくでしょう。


不倫関係においても、サンクコスト効果は生じます。

▼不倫中に起きるサンクコスト効果

  • 私の貴重な8年間を捧げたのに今更別れるなんてできない
  • せっかく2人の関係性を育んできたから、別れるなんてもったいない

といった心境におちいってしまい、不倫相手を手放せなくなるのです。

しかし、彼との時間を手放すことをもったいなく感じるのはサンクコスト効果によるもの。

不倫に費やしてきた時間をもったいなく感じて抜け出せないようなら

  • 費やした期間をゼロにして考えてみる
  • その選択のせいで何を失っているか考える

この2つを意識するようにしましょう。

彼と過ごした時間にばかりとらわれていると、本当に大切なものを失います。

さくら

『あなたが幸せになるために、彼は本当に必要なのか』

ここをもう一度考えてみましょう。

 

新しい彼氏を作るより不倫男を失いたくない【損失回避性】

不倫依存の正体=損失回避性

人は得したい気持ちより損したくない気持ちの方が強く、損失を避けようとする習性をもっています。

この人間心理を損失回避性とよびます。

ある実験では、10万円得る喜びの感情と10万円損する悲しみを比較した場合、失った悲しみの方が2.5倍大きく感じられたそうです。

さくら

人は本質的に「損することを避けたい」と強く思っているんですね。


この損失回避性は、不倫関係にも大きく影響します。

▼不倫中に起きる損失回避性

  • 大好きな彼を失うなんて想像しただけでも辛すぎる
  • 新たな恋人ができる喜びより、彼を失う辛さを味わいたくない

不倫男性との関係を断ち切ることを惜しく思う場合は

不合理な本能によって、自分は不幸に止まり続けてしまっている

ことを自覚するようにしましょう。

私の彼はとても素敵な人だ【保有効果】

不倫依存の正体=保有効果

自分が所有しているものに高い価値を感じて、手放したくなくなる心理を保有効果といいます。

人は、自分の所有物や環境を手放すことに、強い抵抗を感じます。

▼日常でみられるサンクコスト効果

  • 全く使わなくなったコートをなかなか捨てられない
  • 自分の会社の価値を実際より高く感じてしまい、転職に踏み切れない

また、自分のものは他人も同様に価値を感じていると思い込んでしまうのも、保有効果が原因です。

不倫中において保有効果は、彼に対する評価を歪ませる原因になります。

▼不倫中に起きる保有効果

  • 私が付き合っている彼は素敵な人だ
  • 彼と過ごした時間は、特別でかけがえのない時間だ
    彼を逃したくない

などのかたよった印象をもってしまった結果、不倫相手を過大評価してしまいます。

さくら

なんともなかった男が、付き合った途端に魅力的に見えてしまうのもこのせいです。

 

本気で愛しているから別れられないの【認知的不協和】

不倫依存の正体=認知的不協和

認知的不協和とは『感情に行動が矛盾した際に、自分の認識や気持ちをねじ曲げてしまうこと』です。

感情と現実のつじつまがあわない時に、無意識のうちに感情を書き換えることで、自分のとった行動を正当化してしまいます。

さくら

セフレに本気になる女性の多くは、認知的不協和が原因であることが多いです。

▼セフレに本気になってしまう女性の認知的不協和
セフレに本気になってしまう女性の認知的不協和

さくら

「好きだから〜している」と思っていたとしても、実際は『〜をしているから好き』となっているんです。

あなたの周りに、大してかっこよくもないのにセフレを作るのが上手な男性はいませんか?

ナンパが得意な私の友人は、ナンパした女性をなかなか強引にホテルに連れ込んで、なんとしてでもセックスに持ち込むそうです。

しぶしぶついてきた女性でも、一度セックスをしてした途端に好意的になり、その後立場が逆転する事もあるといいます。

さくら

彼らは知ってか知らずか、認知的不協和を利用してセフレを作っているんですね。

 

さて、この認知的不協和ですが、不倫関係においても起こる現象です。

▼不倫にハマってしまう女性の認知的不協和
不倫にハマってしまう女性の認知的不協和

『ダメだと分かっているのに関係を持ってしまった理性のない自分』を認識しないように、相手が好きだと思い込むワケです。

不倫相談にのっていると、普段まじめな人不倫と縁遠そうな人こそ、ハマって抜け出せなくなる事が多いです。

『ダメな事・不毛な事だとわかっていながら不倫をやめられない…』

さくら

感情現実の矛盾が大きなストレスとなり、認知を歪めてしまっているんですね。

雰囲気に流されて既婚者とデートやエッチをしてしまった場合は

後から湧いてくる恋心(のようなもの)に対して、『これは認知的不協和なんだ』と受け止めることが大切です。

愛なのか、人間の非合理的な本能なのか、快楽を欲しているだけなのか

さくら

不倫がやめられない原因は、脳内麻薬と人間心理からくる「依存」にあります。

▼不倫依存がやめられない原因
  • “脳内麻薬”による快楽への欲求
  • サンクコスト効果
  • 損失回避性
  • 保有効果
  • 認知的不協和

不倫恋愛のほとんどが、悲しい結末を迎えています。

心のどこかで不幸になると分かっていても、不倫をやめられないのです。

危険をかえりみずに付き合い続けてしまうのです。

しかし、それらは愛しているからではありません。

アルコールやパチンコ・タバコ・麻薬への依存と同じように、たまたま依存したのが不倫だった。

ただそれだけです。

さくら

頭ではわかっていても心が追いつかないようであれば、この記事を何度も読み返すことおすすめします。

その時の状況や心理状態によって、この記事でお伝えしたことの理解度や見え方も変わってくるものです。

認識の歪みがだんだんと外れていく、いかに異常な関係性かを認識できることでしょう。

はたまた、あなたが決死の覚悟で白黒つけようとすることで、彼は必要に迫られてあなたを選ぶかもしれません。

さくら

いずれにせよ、あなたが現状から一歩前進できることを祈っています。

この記事に関連するラベル

結婚式場サイト一覧

ページトップへ