経営者はなぜ社内恋愛を禁止にしたいのか。わかりやすく解説します。

記事更新日: 2021/02/25

ライター: フジ

この記事を書いた人

フジ/アラサー独身男性

普段は上場企業で営業を行っている、

ごく普通の営業職のアラサー。

そろそろ理想的で真剣な恋愛がしたいとマッチングアプリと婚活サイトを使って検証中。

過去に付き合った4人中3人が社内恋愛。社内恋愛の相談を受けたり修羅場をよく目撃します。

この記事でわかるコト
明日使える社内恋愛の豆知識とネタをあなたに。
・禁止にしたい会社幹部や人事担当の思惑
・社内恋愛禁止と言っているのに社内恋愛した人の末路
・日本と海外での社内恋愛の価値観の違いについて

\あなたの会社は社内恋愛は禁止されていますか?/

社内恋愛ってなかなかセンシティブで、企業によっては就業規則に禁止を明示していることもあります。

片や、社内恋愛による結婚が3割ほどあるというデータも存在します。

フジ

社員の幸福のためなのか、会社の利益のためなのか社内恋愛をどうするかは経営者は悩みどころでしょう。

そしてこのページをご覧になっているあなたも、社内恋愛のことでお悩みになってお越しくださったのではないでしょうか?

日本の企業のほとんどでは社内恋愛に対する処罰や取り締まりはありません。

フジ

常識の範囲で周りに迷惑をかけずにやってくれ、ってことですね。

できたら不安のタネは残したくないから「やめてくれ」と思っている人も大勢いるでしょう。

このページでは、社内恋愛を禁止されている場合の社内での過ごし方について解説をしていきます。

▼LoveBookがお伝えしたいコト

・社内恋愛が禁止されている理由をしっかり把握し、社会人として適切な判断を
・もし恋愛に発展する場合はかなりの覚悟をもって(勢いだけの恋愛は禁物)
・相談できる共通の友人や、もしもバレた時の対応について確認しておきましょう。

フジ

社内恋愛は慎重に進めましょう。幸せも大きい分、小さなミスで禁止事項に触れて処分が下る可能性もあります。

フジ

この記事に書かれていることは、実際に社内恋愛をバレずに続けたボクと、

これまでボクが実際に見てきた社内恋愛(不倫も含む)の約50件の失敗談を含めた事実をベースに解説しています。

この情報を読んだ方の助けや知恵になれたら幸いです。

社内恋愛を禁止する理由

社内恋愛を禁止しているかどうかは就業規則に書かれている事が多いため、入社時や入社前の面談に伺うか、入社後に先輩に聞くしか判断ができません。

もちろん会社は仕事をしに来る場所ですから、そもそも恋愛については触れていない会社の方が大多数です。

フジ

会社の上長の立場にある人や、働く人たちの働き方を管理している人事総務課の方目線で禁止したい理由を解説してきます。

破局で問題が起きる前に

社内で恋愛が破局をすると当人たちが働きづらくなるだけでなく、周りの人たちもその空気を察して働くづらくなります。

総じて、生産性が下がり会社の生産性が下がるリスクを回避したいために社内恋愛をに反対する人がいることを覚えておきましょう。

 

士気や営業力の低下をさけるために

社内恋愛をしていると注意力が散漫になっていたり、失恋した場合は仕事に影響が出ます。

営業成績や仕事の出来がいい人が恋愛によってモチベーションが乱高下することは、上長にとっては管理しづらくてあまり正直に喜びにくいものでもあるのです。

フジ

ボクの同期も恋人が出来て張り切ってた時は社内1の成績に躍り出ましたが、破局してからかなり成績が落ちてしまい、そのこともネタ化されてしまっています。

 

情報漏洩をふせぐために

会社では社内の機密や顧客情報など様々な情報を取り扱っています。

秘密や変わった出来事を知っているとつい親密な人に話してしまいがちです。

フジ

「自分はこんな事を知っている」「好きな人に共有してあげたい」その気持ちが情報機密の大切さを忘れさせてしまいます。

会社にとって情報は大切な資産です。それらを危険な目に脅かさないために恋愛自体を取り締まることは確かに有効であるとも言えます。

 

癒着や不正をふせぐために

恋愛が歪むと事の正当性・不当性もわからなくなってしまう人がいます。

筆者の知人である人事担当は何度か社内恋愛での迷惑を被っています。

人事歴9年/女性33歳の被害記録
何度不正処理に煮え湯を飲んだ事か 。
社内恋愛によって問題が多発。
・営業彼氏と事務彼女が癒着して営業経費をちょろまかして大問題へ発展
・上司が社内恋愛中の給与金額を勝手に調整。年末調整中に不正が発覚。
・終業後に社内でイチャついている時間も残業代としてタイムカードを改ざんしたやるもいる。

フジ

これは本当にあった話です。恋愛感情は事の善悪の判断を大きく歪めてしまうのがわかりますね。

社内恋愛の発生が多い業種がある

▼業界別社内恋愛ランキング

画像:楽天ウエディングより

上記は大手企業の楽天の運営していたサービス、楽天ウエディングの調査によるデータです。

流通・飲食業界が圧倒的に数値が高い事が伺えます。

フジ

業界によって出会いやすさもあるわけですね。

出会いやすい業界にとっては社内恋愛に経営者が目を光らせていることも考えられます。

自分の働いている企業の上司やマネージャーになったつもりで、社内恋愛が発展しそうか考えながらご覧ください。

飲食業界に社内恋愛が多い理由

飲食業界は女性が活躍しやすく、就業中はチームワークが求められるため就業中の会話数やコミュニケーションの数が多いため社内恋愛が多いと考えられます。

女性にとっての心理的負担が比較的少なめで恋愛をする余裕が生まれやすいという事も考えられます。

フジ

アルバイト採用も盛んな分、社内恋愛が終わって破局すると居づらくなって簡単に辞めてしまう事も問題ではあります。

金融業界にも社内恋愛が多い理由

金融業界も女性の比率は高いと言われています。

男性が出世した際の年収の高さも魅力的であるため自然と引かれた気持ちが恋愛に発展しているとも言えます。

フジ

ノルマや難しい仕事を共にくぐり抜けてきた間柄、という距離感の近さも恋愛に関与していると言えそうです。

筆者の友人の金融業界で働いている人の結婚相手のほとんども金融業界です。

社内恋愛に発展しづらい業種はあるのか?

この統計からわかる事は社内恋愛に影響がある項目は

・職場での男女比(女性が多いほど発展しやすい)

・仕事内容の重さ(恋愛ができる余裕があるか)

・普段の会話の量や会話のしやすさ

である事がわかります。

建築業などの男性メインの職場での恋愛は少ないと言えます。

フジ

ボクの実家は自営業で工業系です。現場系社員が50名近く、事務系社員が10名ほど居た時も確かに1組も付き合っている事はありませんでした。

普段の会話がない事(仕事が現場と事務で分かれているなど)が社内恋愛に対してブレーキをかけているようです。

とはいえ、わざわざ職種を変えて社内恋愛のしやすさをコントロールするモノでもないので、社内恋愛で不穏な空気が漂っていないのか経営者は目を見張っているのです。

 

世界での社内恋愛は禁止されているのか?

フジ

社内恋愛があまり禁止されていないのは日本だけなのでしょうか?

海外での社内恋愛の取り締まり方をみたら日本はまだ規制がゆるいことがわかります。

実際にあった有名企業での社内恋愛による事例を紹介します。

男女平等を強く訴える国アメリカで起きた CEO解任

誰もが知っているマクドナルド。

アメリカのマクドナルドの最高責任者であるスティーブ・イースターブルックCEOが、従業員と関係を持ったため解雇となっています。

関係を持った当時は離婚をしていたとの事ですが、管理職と従業員という立場上での上下がある中での恋愛がNGであるため解雇に至っているとのこと。

フジ

以下からは帰国子女の友人や、海外で長く勤めていた経験のある人から伺った海外の職場恋愛の事情になります。

イギリスの男性は慎重だった

イギリスと言えば礼儀礼節を欠かさず丁寧に振舞うジェントルマンのイメージがありますね。

帰国子女の友人によると、『職場での恋愛は禁止されていないが、バレた場合は上司にいろいろ聞かれて面倒』とのこと。

真剣に付き合っていることをオープンにしている人も大勢いるとの事。(30代/男性)

 

自由すぎるフランス

フランス人と言えばおしゃれで自由を好みます。

働く格好はプライベートもオフィスでも変わらない事があるそうです。

会社の前でキスして営業に向かったりもあるそうで、社内恋愛に関してもかなり寛容。自由じゃなきゃ嫌でしょ?という雰囲気である事がベースにあるようです。とはいえ禁止しないと仕事になりませんし上司にたまに注意されたりはあります。(20代/女性)

 

ドイツも硬派に見えてロマンにあふれていた

ドイツ人は発音も性格も硬いと言われていますが、実際は社内恋愛では人に隠れてキスをしたり、

記念日には何が何でも残業をしないように仕事を片付ける姿が見られるとの事。

上司がたまに小言をいう事はあるそうです。(30代/女性)

フジ

こうやって聞くと、日本の社内恋愛を隠すという文化はあながち正当であるように思えもしますね。

万国共通なのは、他の人に迷惑をかけず過ごせたらOKという事です。

禁止されている会社では禁止をしたいだけの理由があるので、そこを理解した上でうまく隠れて恋愛をするか、

恋愛が難しそうであれば転職や転籍を考えてみるのも一つの手です。

この記事に関連するラベル

マッチングアプリ一覧

結婚式場サイト一覧

ページトップへ