【恋愛相談】男性が結婚を決めない理由はだいたいお金

記事更新日: 2022/05/01

ライター: 川口 美樹

この記事を書いた人

川口 美樹LoveBook編集長

恋愛・結婚・パートナーシップの専門家として書籍の出版やTVに出演

マッチングアプリや結婚相談所業界の裏側にも精通Twitterのフォロワーは1.4万人。(プロフィールページ

 

 

▼【相談内容】彼は私との将来を考えてくれているのでしょうか?

こんにちは。

いつも色々な方へのお返事を見て勉強させていただいています。

 

今回ご相談させていただきたいのは、付き合って約1年の彼氏についてです。

最初は「結婚を視野に入れて考えているから、私の両親に挨拶に行きたい」と言っており、旅行の時に1度私の母と玄関先で「お付き合いさせていただいている○○です」と挨拶をしてくれました。

旅行の帰りに、両親への挨拶はいつにする?と聞いたところ、「やっぱり緊張するね。今はまだいいかな」と言われました。

 

そして、「正直まだ遊びたい。女遊びではなく、男同士で飲みにも行きたいし、自分の時間も欲しい。そこは理解してもらいたいなぁ…」と。

「もちろん、2人の時間も取るし、言ってくれれば予定は優先して調整しようと思うよ」と話していました。

 

私は結婚したいです。今すぐにではありませんが、1年以内にはしたいです。

彼氏のお母様は、私に会いたいと言ってくれているみたいです。

私も会ってみたいと伝えたところ、今度会わせてあげるねと言われて早1ヶ月。

 

彼は私との将来を考えてくれているのでしょうか。

まだ遊びたいと言われた時、正直少しショックでした。

 

このタイミングで将来の話を私からしてしまうと、彼の重荷になってしまいそうでタイミングを掴めずにいます。

私は伝え方が上手くないので、「結婚を考えなくなってしまったのか?」とどのように伝えたら良いのか、アドバイスがあればお願いいたします。

川口

おそらく彼は、あなたとの未来を真剣に考えていないですね。

川口

それに、あなたが彼に"考えたいと思わせられてない"ですね。

 

それは「あなたが結婚したいだけだから」なのかもしれません。

男性が結婚を決められない理由の大半は「お金」

大前提として、男性には性役割によって『一家の大黒柱にならないといけない』と思わせれているので、経済的な不安が消えない限り結婚を決めません

「遊びたい」の言葉の前には、

(自分にはまだ家族を養えるだけの力がないし、自分の金を他人に使ってる余裕もない。だから)

のカッコ()がついてると思われます。

結婚という「新システムの導入」に渋る男性に、どう営業するか?

彼の今の状態は例えるなら「予算が限られている中で、新システムの導入に渋る社長」みたいなものです。

そしてあなたは営業で、受注を決たいのに相手がアレコレ言い訳をいって発注を決めてくれない状態です。

「決めるわけではないけど、有益な感じはするからむげにもしない」

川口

そんなクライアントに営業としてどうあるべきかを考えてみましょう。

「決めて」もらうための安心材料を渡せてますか?

受注されない原因は、

  • 相手に受注する気がないか
  • 受注したくなる材料を渡せてないか

のいずれかです。

多くの場合は後者であり、要は相手が「あんたのところに決めるよ」といいたくなるだけの安心感が渡せてないんですね。

結婚に関して、男性の場合は安心感の大部分がお金にあります。

相手の叶えたい未来に対して、自分を選ぶ理由をプレゼンしよう

相手が大きな決断を渋る時は、だいたい営業が「年内の目標がいくらだから、この案件は決めたい」って「For Me」になって、相手の利益を真剣に考えられていない時です。

あなたの中に「自分が結婚を決めたいから、親に紹介したりされたりとまわりを固めようとしちゃっている」気持ちがないでしょうか?

そこにクライアント(彼)の意思はあるのでしょうか?

「結婚すること」を目標にしていませんか?

そもそも仕事の醍醐味ってなんでしょう?目標数字を達成すること?

それもありますが、一番はお客さんに貢献して「ありがとう」って言ってもらうことですよね。

ではパートナーシップの醍醐味ってなんでしょう?

何のために結婚するんでしょう?

それを忘れて女性が「結婚」という目標達成に走ってしまうと、男性は「今はまだ決められない」といいます。

相手が望む未来に、自分が必要だと思わせましょう

  • 彼がどんなキャリアを歩みたくて
  • どんな夫婦像を築くのが理想で
  • 生涯を通じてどんな人生にしたいのか?

あなたはちゃんと聞きましたか?

そしてその彼の望む未来に「だったら私と組め。幸せにしてやるよ」って胸張って言えますか?

そこに安心感があれば、彼はあなたに決めてくれるはずです。

【最後に】時には、損切りすることも大事。

このように、結婚という幸せになるための手段が目的化して、「For Me」になってしまうことはとてもよくあります。

結婚を意識している異性がいる人ほど、本当にこの罠によく陥ります。

対処法は「For You」になって、相手にとって自分が必要な存在だと感じてもらうしかありません。

川口

ただし!ただしですよ。

忘れちゃいけないのは、

「最初から受注する気がない」

人がいるということ。

ここはしっかり見極めないといけません。

1年以内!って思うと執着しがちですが、彼に結婚の意思が最初からないと判断したらバッサリ切る勇気も必要です。

捨てる神あれば拾う神ありです。

目先の1年より結婚後の50年をとりましょう。

【LoveBookの人気記事】

\結婚したい人必見!/
婚活完全ガイド

外部リンクアイコン 詳細をみる>>>

\彼氏・彼女が作りたい人/
恋人作り4ステップ

外部リンクアイコン 詳細をみる>>>

男女関係にまつわる悩み

外部リンクアイコン 詳細をみる>>>

オトナの恋愛事情

外部リンクアイコン 詳細をみる>>>

【LoveBookの人気コンテンツ】

川口

LoveBookでは、婚活中の方に役立つ情報を発信しています!

LoveBookでは、婚活中の方に役立つ情報を発信しています!

公式ラインを追加すると、これから50年間"大好きな人に愛されラブラブで過ごすための"5日間の婚活講座をプレゼントしています。

もう婚活で悩みたくない!という人はぜひ受け取ってくださいね!

川口

「今すぐモテるようになるワーク」もセットにつけておりますので、興味のある方はぜひ登録してみてください!

関連記事

LINE登録で『婚活に役立つ有益情報・動画講座120分』を無料でプレゼント!

 

この記事に関連するラベル

結婚式場サイト一覧

ページトップへ