【恋愛相談】幸せにならない恋愛を辞めた私の背中を押してもらいたい

記事更新日: 2020/07/15

ライター: 川口 美樹

この記事を書いた人

川口 美樹LoveBook編集長

恋愛・結婚・パートナーシップの専門家として書籍の出版やTVにも出演

 

マッチングアプリや結婚相談所業界の裏側にも精通。Twitterのフォロワーは1.3万人。(プロフィールページ

 

▼ご相談内容「一歩踏み出したことの背中を押してもらいたい」

川口さんへ

こんばんは。本やツイートを読んで参考にさせて頂いています。

とても有意義な内容を書いてくださってありがとうございます。

 

都合の良い女の記事や関連ツイートを読み、自分のおかれてる状況と照らし合わせてしっかり考え、好きな男性に連絡するのをやめました。連絡をやめてからもう(まだ?)2週間になります。その間、一度も相手からの連絡はありません。

 

今は感じてることは、会いたいのも連絡したいのもわたしの方だけだったんだなということ。そして連絡が来なくなっても何も思われていないんだなということ。

こんなに厳しい現実だったとは。

幸いまわりに話を聞いてくれる友達もいるし、一人で熱中できる趣味もありますが、それでもやっぱり隙間の時間には彼を思い出すし、夢に出てきて胸が苦しくて起きることもあります。

仕事の都合でブロックができず、せめて見ないように非表示にしています。

 

「こうやって連絡を取らないこと(大事にしてくれない人から離れること)が自分を大切にすることに繋がっていて、これが第一歩なんだ」と信じていますが、心細くて「本当にこれでいいのか、後悔しないのか」と自問自答してしまう日もあります。

 

相談とちょっと違うのかもしれませんが、川口さんにお願いです。

一歩進み出したことを応援してくださいませんか。前に進んでいけるようにそっと背中を押してもらえたらうれしいです。

そしてもしこの気持ちが楽になるようなアドバイスがありましたら、教えていただけると有り難いです。

川口

そもそも「一歩進み出した」という"解釈"をしない方がいいのではないでしょうか。

「一歩踏み出す」ことの意外な弊害

「一歩踏み出す」と過去を振り返ってしまう

「一歩踏み出す」って、これまでがずっと停滞していて、ようやく変化を起こせたときに使う言葉ですよね。

「一歩踏み出した」あなたは、「ずっと停滞していた=報われることのなかった」自分を振り返っています。

そのため、その時の自分と今の自分を比較して

  • 彼といる時間は楽しかったなぁ、とか
  • これから彼以上に好きになれる人がいるのかな、とか

いろいろ考えて後ろ髪が引かれてしまっています。

そして、それを断ち切るために「前に進みたい」と思ってしまっているんです。

未来は常に「今」の選択の連続で決まる

過去にどんなに崇高な「決意」をしようと、今を変え続けなければ未来は変わりません。

未来は常に「今」の選択の延長にあると考えてください。逆に今を変えれば、未来は確実に変わります。

あなたは、彼との関係を断った瞬間から、彼と一緒にいるというコースを進むのをやめて、別のまだ見ぬ誰かと結ばれる別コースを選択したわけです。

あなたは一歩踏み出したのではなく、進むべき道を変えたんです。

これまでもずっと歩みを進めてはいたんですが、進む道が変わっただけに過ぎなんです。

その別コースがどうなっていくのかは、元のコースの人間(彼と以前のあなた)には一切関係のないことです、

未来は、常に「この道を進んでいる私が何を選択するのか」だけに影響を受けるんです。

過去の辛い体験は全て未来の糧になる、んじゃなくて"する"

よく、何かに成功した人が辛い過去を振り返って

川口

『あの時の経験が今に活きてるって思うんですよね』

としみじみと語っているのをよく見かけると思います。(僕もよく言います)

でもあーゆー話を聞くときに、注意しなければいけないことがあります。

それは、「その経験が勝手に活きた」のではなく、その人が「その経験を意図的に活かした」んだということ。

失敗は成功の元、だがあくまでも「元」でしかない

例えば投資で大成功した人がいたとしましょう。

その人の成功談を聞くと、大抵は「いやぁ、僕も最初は騙され続けたんですよ」なんて言いますよね。

その人は、既存のコースの行き先を想像して、「この先を進んでも地獄があるだけだ」と考え直し、お金の勉強をたくさんしました。

その結果、投資で成功できるようになりました。

このとき、彼の成功の要因は「過去に騙されたこと」でしょうか?違いますよね?

川口

そう、二度と騙されるものかと「お金の勉強をたくさんした」から成功したわけです。

失敗したから成功したのではなく、成功するための意思決定をし続けたから成功したんです。

現に、「騙され続けて無一文になる人」も世の中にはたくさんいますからね。

騙されたのはキッカケに過ぎません。大事なのは、その後に何を選択し続けたのか?です。

自分の行きたい未来に向けて「今選ぶべき道」に集中しよう

一歩進み出したことを応援してくださいませんか。

前に進んでいけるようにそっと背中を押してもらえたらうれしいです。

そういうわけで、僕は「一歩踏み出すこと」にあまり意味はないと考えています。

川口

厳しく聞こえるかもしれませんが、思ってもない上っ面な応援をしてもしょうがないのでね…

ただ、不幸の未来が確定している道を進み続けるのをやめて、不確定でも幸せのある道を選択したあなたの意思決定は、素晴らしいものだと思います。

これからも彼のことをふと思い出すことはあるし、それは別に悪いことではありません。

ただ、「あぁそんな道を進んでいた時もあったなぁ」と思っていればいいんです。

ただひたすらに、自分の行きたい未来に向けて「今選ぶべき道」に集中してください。

それが僕があなたに送れる最大限のエールであり、確実に幸せを掴むためのアドバイスです。

相談者さんからのお返事

この記事に関連するラベル

結婚式場サイト一覧

ページトップへ