【恋愛相談】束縛をしたくないから本音を言えない時、どうしたらいいの?

記事更新日: 2022/04/30

ライター: 川口 美樹

この記事を書いた人

川口 美樹LoveBook編集長

恋愛・結婚・パートナーシップの専門家として書籍の出版やTVに出演

マッチングアプリや結婚相談所業界の裏側にも精通Twitterのフォロワーは1.4万人。(プロフィールページ

 

 

▼ご相談内容「束縛をしたくないから本音を言えない」

川口さん、はじめまして、25歳OLのM子と申します。

いつも川口さんの回答に納得することが多く参考にさせていただいています。

交際10ヶ月になる彼氏のことについて相談させてください。

 

私は不安になりやすく(不安型です)、ネットで恋愛についての記事をたくさん読んでいます。

その中で彼と信頼関係を築いていくには本音の話し合いが大切、束縛をしない、と書いていました。

私はなかなか本音を話せませんが、女性関係以外の嫌なことは本音で話せていると思っています。

女性関係というのは浮気ではなく、ただ女友達と距離が近い、仲が良い、私より大切にされているのでは?と思うところで不安が爆発します。

ただ、その人の本当のところを知りたいので束縛はしたくありません。

なので不機嫌になりそうになったら彼と会わないようにしています。

彼は何か抱えているなら話してね、と言ってくれますが、言いたくありません。

こうなってしまう頻度が高く、彼もどうして話してくれないんだろうと思ったことがあるそうです。

 

この場合、本音を伝え合うのか、そくばくしないのか、川口さんはどちらを優先させるべきだと思いますか?

自分で考えても答えが出ず、何度かドタキャンしたり不誠実な態度を取ってしまっています。

どうぞよろしくお願いいたします。

川口

「束縛することになるからこんなことを言いたくない」ということまでセットで伝えて初めて「本音」になります。

真の課題は「嫉妬している」こと

川口

今回の内容をまとめるとこのようになりますかね。

▼相談内容の要約
  • 自分は彼が他の女性と仲が良いことに嫉妬している
  • 彼から「なんでも話してね」と言われているが、
  • その嫉妬心を離せば、相手を束縛することになる
  • 束縛はしたくないが、本音も話さないのも違う気がする
  • さて、どっちを取るべきだろうか?

川口

M子さんは、「束縛してまでも本音を話して良いのか」と悩まれていますね。

 

しかし、本当に解決しなくてはならないのは「嫉妬心」の方です。

本音で話せたところで何の解決にもなりません。

問題をすり替えて、本質的なところから逃げないようにしましょう。

その「無駄な嫉妬心」をなんとかしない限り、彼は金輪際女性と接点を持つことができなくなります。

それはM子さんにとって本望ではないですよね?

なぜ「なんでもない女」に嫉妬してしまうのか?

実は、「嫉妬心」は人間だけに与えられた特権ではありません。

人間以外の動物にも「嫉妬」のメカニズムがあることが、最近の研究でわかってきています。

かつては、嫉妬は人間以外には複雑すぎる感情だと考えられていた。

しかし新たな論文によれば、イヌは群れの中で社会的に重要なつながりを守るため、嫉妬心とそれに起因する「構ってほしい」という行動を発達させた可能性があるという。

引用元:ナショナルジオグラフィック『イヌは飼い主を取られると嫉妬する

つまり、嫉妬心は『自分の居場所がなくなるかもしれない』という孤独への恐怖心に対抗するために、人間が本能的に持っている感情である、ということなんです。

そのため、自分の中の嫉妬心をみてみぬふりをするのは逆効果です。

無意識で湧き上がってくる感情を見て見ぬ振りなんてできないですからね。

「嫉妬心」は自分の大切なものに気づかせてくれる

何かに嫉妬する、ということは、体が本能で「今の居場所を失ってはいけないよ」と教えてくれている、ということでもあるんです。

川口

つまり、嫉妬心が自分の大切な居場所を教えてくれている、ということ。

M子さんが、他の女性を接している彼氏を目にする時(想像する時)、「別の女」の方ではなく、「彼」の方を見ないといけないのです。

「何であんな女なんかと!」と憤るのではなく、「あぁ、やっぱり私は彼が好きなんだなぁ」としみじみ思えばいいのです。

困った時は「まとめて全部話す」のが一番伝わります

以上のように、自分の嫉妬心が湧き上がってきたときに、まず意識の方向性を変える練習をしてみてください。

「束縛したい」=「大切にしたい」ということです。

「彼を独り占めしてやる!」と思うんじゃなくて、「大切にするにはどうしたらいいんだっけ?」と考えるようになれば、考え方も前向きになります。

M子さんの中の「束縛」「嫉妬」のイメージを変えましょう。

川口

それでも、やっぱり不安になってしまう、ということもあります

そんな時は、「不安に思っていることを全部話す」という作戦が効果的です。

全部話せば、ちゃんと伝わります

冒頭にM子さんの相談内容をまとめました。

▼相談内容の要約
  • 自分は彼が他の女性と仲が良いことに嫉妬している
  • 彼から「なんでも話してね」と言われているが、
  • その嫉妬心を離せば、相手を束縛することになる
  • 束縛はしたくないが、本音も話さないのも違う気がする
  • さて、どっちを取るべきだろうか?

これを彼にそのまま全部伝えればいいんです。

正直に全部話す、これほど相手に伝わるコミュニケーションはありません。

ただ、相手に伝わるように言うのがポイントなので、「相手が言われて喜ぶように」若干編集してみましょう。

相手が喜ぶように本音を編集しよう

▼編集後のM子さんの「本音」
  • 「なんでも話してね」と言われているのに、うまく話せなくてごめん
  • 実は、自分の中に嫉妬心があって、それがあなたを束縛するんじゃないかって不安で、伝えられなかった
  • 自分は何でも悪い方向に解釈してしまう癖があって
  • あなたが他の女性と仲良くしてるだけでも「私より大切にされているのでは?」なんて思ってしまう
  • 自分なりにプロに相談してみたりして、この嫉妬心と向き合ってみた
  • だけどやっぱりまだうまく扱うことはできない
  • 重たくて嫌われるかもしれないって不安があるけど
  • この本音を隠し続けていても二人にとっていいことはないと思うから
  • せめて、ありのままを全部あなたに話そうと思った

みたいな感じですかね。

どうでしょう、自分が恋人に言われたら嫌な気はしないですよね。

「嫌われる勇気」を持とう

こんな本音をストレートに伝えたら、嫌われるかもしれないって不安になる気持ちはわかります。

しかし、これだけ誠実に本音を話して嫌われるようなら、遅かれ早かれ別れることになっていた関係でしかなかったのです。

「本音を言って嫌われたらそれまで」と割り切らないと、相手との関係の「本当のところ」はいつまでもわからないままです。

その「本当のところ」を確かめるためにも、自分の不安も含めてきちんと伝えないといけません。

そして同時に、その本音を正面から受け止めてくれる相手でなければ、その先にM子さんの幸せもない、ということです。

川口

「弱さをさらけ出す勇気」、それが信頼関係への第一歩なんですよ。

いただいたお返事

「本音で話すとはどういうことかがわかる」と、本音で話しやすくなるというのはその通りですね。

本音で話したほうがいいと頭でわかりながら、本音で話す方法がわからないと動き出せない、そんな人も多いのではないでしょうか。

また、嫉妬に対する考え方が変わったというのも嬉しいご報告ですね。

 

【LoveBookの人気記事】

\結婚したい人必見!/
婚活完全ガイド

外部リンクアイコン 詳細をみる>>>

\彼氏・彼女が作りたい人/
恋人作り4ステップ

外部リンクアイコン 詳細をみる>>>

男女関係にまつわる悩み

外部リンクアイコン 詳細をみる>>>

オトナの恋愛事情

外部リンクアイコン 詳細をみる>>>

【LoveBookの人気コンテンツ】

川口

LoveBookでは、婚活中の方に役立つ情報を発信しています!

LoveBookでは、婚活中の方に役立つ情報を発信しています!

公式ラインを追加すると、これから50年間"大好きな人に愛されラブラブで過ごすための"5日間の婚活講座をプレゼントしています。

もう婚活で悩みたくない!という人はぜひ受け取ってくださいね!

川口

「今すぐモテるようになるワーク」もセットにつけておりますので、興味のある方はぜひ登録してみてください!

関連記事

LINE登録で『婚活に役立つ有益情報・動画講座120分』を無料でプレゼント!

 

この記事に関連するラベル

結婚式場サイト一覧

ページトップへ