既読スルー・既読無視する人の心理とは?NGLINEと衝撃の対処法

記事更新日: 2021/06/22

ライター: 川口 美樹

この記事を書いた人

川口 美樹LoveBook編集長

恋愛・結婚・パートナーシップの専門家として書籍の出版やTVにも出演している。マッチングアプリや結婚相談所業界の裏側にも精通し、Twitterのフォロワーは1万人を越える。(プロフィールページ

 

この記事で学べること
既読スルーされない人になる方法
  • 既読スルー・既読無視とは何か?
  • なぜ既読スルーされてしまうのか?
  • 絶対に送ってはいけないLINEあるある
  • 既読スルーする人が思っている衝撃の本音
  • 既読スルーで脈のアリナシをどう見極めるのか?
  • 既読スルーされた時に失敗しないための対処法
  • 絶対に既読スルーされないLINEの極意とは

川口

既読スルー(既読無視)ってされると不安になりますよね。

恋愛をしていると誰しも、「いいなぁ」と思う人にLINEを既読スルーされることを経験するものです。

きっとあなたも、そんな人とやりとりして返信がこなくなったことに焦りや不安を感じているのではないでしょうか。

僕も恋愛経験が浅くコミュニケーションについて学ぶ前には、LINEの返信がこなくなると

  • 『何か怒らせるようなこと言ってしまったかな?』
  • 『もしかして嫌われてしまったのかもしれない』
  • 『返信はもらいたいけど、これ以上送るのは失礼かな?』

と焦りと不安でいっぱいいっぱいになってしまうことがよくありました。

しかし、コミュニケーションについて真剣に学んでいくうちに

  • なぜ既読スルーされてしまうのか?
  • 既読スルーされたらどう対処したらいいのか?
  • 既読スルーされないようにするためには何が必要なのか?

がよくわかるようになりました。

結果的に、

川口

既読スルー(既読無視)をされることが一切なくなりました

だからこそ、あなたにも既読スルーされなくなるための秘訣をお教えしたいと思います。

一度コツを掴めばあとは何の苦労もなく自然とできるようになりますが、そのためにはある『衝撃的な事実』に向き合わなくてはなりません。

それは、

相手があなたにLINEを返信したいと思っていない

という痛烈なまでの現実です。

この現実を受け入れないまま催促のLINEを送ったりすると、最悪ブロックされておしまいです。

そうならないためにも、

相手がどうしたら自分にLINEを返したくなるのか?

を一緒に考えていきましょう。

※この記事は主に「気になる異性がLINEの返信を既読スルー・既読無視している」場合を想定しています。

しかし書かれている内容は、友人同士のLINEや、仕事におけるメッセンジャーやメールに対する返信がない場合でもあてはまります。

なぜなら人が返信をしないときは、恋愛でも仕事でも理由は同じだからです。

このページの目次

既読スルー・既読無視とは何か?その定義は?

既読スルー・既読無視(以下、既読スルーに統一)とは、チャットツールにおいて『既読』のマークがついたにも関わらず、数時間あるいは数日経っても返信がこない状況のことを指します。

既読がついているのに返信がないと、送ったメッセージが「無視されている」感覚になるので、とても不安になります。

どれくらい返ってこなければ既読スルーなのか?

では、実際にどのくらい返ってこなければ「スルーされている」といえるのでしょうか?

返信のペースは人それぞれなので、1日空くのが普通の人もいれば、数分で返ってくる人もいます。

そのため、「既読スルーされているな」と感じる間隔が、メッセージのやり取りをする相手によって変わります。

川口

そこで僕は「自分が不安に感じた時点で既読スルーだ」と認識するのが良いと考えています。

未読スルーとの違いは?

他にも「未読スルー」という言葉があります。

こちらは既読マークすらつかず、相手がメッセージを読んだかもわからない状態のことを指します。

しかし未読スルーは、スマホの通知画面に内容が知らされることや、iPhone(6S以降)などの一部のスマホでは、メッセージの長押しで既読マークをつけないまま内容を確認できることなどから、『実は未読ではない』ということもあります。

一方の既読スルーは「とりあえずはメッセージを1回でも開いている」ことが確実なため、未読スルーよりは対処が簡単です。

送ってはいけない!既読スルーを悪化させるLINEの内容

まず最初に気をつけてもらいたいのは、既読スルーになった際に「絶対に送ってはいけないLINE」があるということです。

▼絶対に送ってはいけないLINE
  • 無視しないでよ〜
  • 怒ってる?なんかまずいこと言った?
  • おーい、気づいている?(笑)
  • どうしたの?
  • (返信を促すスタンプ)

川口

これは、多くの人が送ってしまい撃沈しているLINEあるあるです

なぜこれらのLINEを送ってはいけないのか?

それはシンプルにウザいからです。

相手が返信を忘れているだけの時なら問題ありませんが、こういう内容を送りたくなるときはまず間違いなく相手との距離があるときです。

そしてその距離を感じているからこそ、「嫌われている・避けられている」という現実に直面したくない・そうでないと安心したい、という気持ちが焦りを生み出して送ってしまう内容でもあるのです。

 

既読スルーをされてしまうのには、何かしらの理由がきちんとあります。

その理由がなんなのかを把握せずにLINEを送ってしまうと、最悪ブロックされてしまうことにもなりかねません。

まずは、自分がどんな理由で既読スルーされてしまったのかを冷静になって考えてみましょう。

既読スルー・既読無視をされてしまう本当の理由(脈ナシ度順)

ではなぜあなたの送ったメッセージが既読スルーされてしまうのか?

シンプルに一言で言うと

川口

相手にとってあなたに返信をすることの重要度が低いから、です。

細かい理由は色々あるのですが、結局は全てここに集約されます。

そしてだからこそ、「自分への返信の重要度をどうやって高めるのか?」がポイントになるのですが、こちらは後ほど詳しく解説します。

まずは、その細かい理由を脈ナシ度合いのランキングにして一つずつ検証していきましょう。

脈ナシ度ゼロ:単純に返信を忘れている

一番わかりやすい理由は、「単純に返信を忘れている」というものです。

交友関係の広い人や仕事でラインを使う人は、多方面から様々な話題のLINEが飛んできています。

そのため、あなたへの返信を考えているうちに、別の緊急のラインが飛んできてそっちを返していたら、あなたへの返信を忘れてしまっていた、ということが割とよく起こります。

見極め方法

これは、催促すれば返ってくるので特に問題はありませんね。

とは言え催促の仕方も気をつけたいところ。

「どうして返信してくれないの?」と責めてしまうと印象が悪くなり、それこそ既読スルーになりかねません。

可愛いスタンプなどを並行しながら「しょんぼりした感じ」ないしは「ちょっと怒った感じ」を演出すると良いでしょう。

それでも返ってこないようであれば、以下の可能性を考えていかなければなりません。

脈ナシ度☆:返さなくていいと思っている(読んで満足している)

次に意外と多いのが、「別に返信しなくていいか」と思われているケースです。

LINEを使う人の中には、「既読マークが返事」と思っている人が一定数います

しかもマイナスではなくプラスの感情でいるのに返事をしない人がいるのです。

他にも、こっちは話を展開させたいと思っていても、向こうが「この話題はここで終わったな」と勝手に解釈して、返信をしてこない場合もこれに当てはまります。

見極め方法

この可能性が高いなと思ったら、「別の話題を振ってみる」と良いでしょう。

その別の話題に対してきちんと返信が返って来れば、「既読が返事だと思っている人」だと認識しましょう。

またあなたへの既読スルーも、正確には既読スルーではなく、「既読という”反応”」をしていた、ということになります。

返信をするのが当然、だと思っている人には信じられないと思うかもしれませんが、そういう人だと割り切った方が良いです。

脈ナシ度☆☆:どう返したらいいかわからない

受信側が返信に困るLINEの典型として、「返す内容によって誤解を招きかねない」という特徴があります。

例えば、そこまで深い関係でもないのに「わたしのことどう思ってる?」と聞く、といったようなことです。

 

ぶっちゃけ好きでも嫌いでもないけど、好きと言えば勘違いさせるし、どっちでもないと答えたら怒られそう

このように相手が返信に困る時には、だいたい「距離感の詰め方が急すぎる」時です。

このすれ違いは、自分が思っている以上に相手がこちらに興味がない時に起きやすいです。

見極め方法

このケースの見極め方は、相手の反応で確かめる、というよりも自分の中に「焦り」がないかで確かめられます

例えば「婚活がなかなかうまくいかなくて焦る気持ち」があったり、「いい歳なのに恋人がいたことがないコンプレックス」があったりすると、それが「急な距離感の接近」につながってしまいます。

よほど鈍感でなければ、自分と相手との温度差を感じているはずです。

関係性の見積もりを低く見積もり直し、ゼロから関係性構築をしていくマインドに切り替えましょう。

川口

他にも返信に困るのは「長文LINE」です。

 

基本的に2〜3行以上あるLINEは長すぎです。

LINEは”メールツール”ではなく”チャットツール”です。

短文でのやりとりを意識するようにしましょう。

脈ナシ度☆☆☆:仕事で忙しく返信できない

僕のところには、よく「彼からの返信がこなくて困っています」という相談がきます。

そういう人に限って「彼は仕事で忙しいらしく」という最もらしい理由を説明してくれるのですが、そういう人に必ずお伝えしていることがあります。

それは、忙しくてLINEを返信できない人など存在しない、ということです。

どんなに多忙な人でも、お風呂には入るし、トイレには行くし、食事はするし、睡眠をとります。

その中でLINEを1通返すだけの時間を取れないなんてことはありえません。

川口

誠に残念ながら、「忙しい」は「あなたに興味がありません」をオブラートに包んで言い換えた言葉なのです。

この「『忙しいから』という理由で既読スルーされている=脈ナシ度が意外と高い」ということに気づいていない(気づきたくない)人はかなり多いです。

見極め方法

見極め方はシンプルです。「忙しくて返信できない」旨のトークが1通でもあれば当てはまっています。

繰り返しになりますが「忙しくて返信できない」人など存在しないので、わざわざ「忙して返信できない」と送ってくる時点で、

 

返す時間はあるけどその時間を作りたくない

と思っているということです。

脈ナシ度☆☆☆☆:返すのが面倒くさい、楽しくない

最後に、できればそうあって欲しくないですが、返すのが「めんどくさい、楽しくない」と思われている場合です。

  • そもそも人として嫌われているか
  • メッセージで不快に思わせてしまったか

いずれにせよここから巻き返すのは非常に難しいです。

こういう時は、自分の何がそうさせてしまったのかを反省して、次の出会いに活かした方が良いでしょう。

すでに交際している相手なのであれば、自分のメッセージが誤解されている可能性もあります。

LINEや電話などで済ませようとせずに、しっかりと面と向かって話し合う機会を持ちましょう

話し合いすら拒否された場合には、やはり信頼関係が築かれていなかったと反省して、別れを決意した方が良いことが多いです。

見極め方法

見極め方法は一概に言えませんが、自分の胸に聞いてみれば答えがわかるはずです。

「やっぱりアレがよくなかったのかな?」と思ったことがだいたい原因です。

こういう事態に陥らないために、この後に書いている対処法を実践してみてください。

返信が来るからといって、脈アリとも言えない

以上、脈ナシ度合い順に、既読スルーする理由を述べてきました。

ここで注意してほしいのは、

  • 返信が来ないからといって脈ナシとは言い切れないし、
  • 返信が頻繁に来るからといって脈アリだと判断できるわけではない

ということです。

返信をすることへの重要度が低くなっているのは間違ないのですが、重要度が低いからといって嫌われているわけでもないのです。

なぜならあなたを好意的に思っていても、LINEを返信することが重要ではないと思っている人はいるからです。

そして逆に、ラインの返信があるからといって、あなたのことを重要だと思っている証拠にもならないのです。

次の章では、LINE中の様々な心理について紐解いていきましょう。

嫌いではないのに既読スルー・既読無視をする人の4つ心理

あなたのことを嫌いになったわけではないのに、既読スルーをする人は一体何を考えているのでしょうか?

結論から言うと

  • 何も考えていない
  • 返信しなくても嫌われないと油断している
  • 忙しくてLINE返せないアピールしたい
  • 気をひくためにあえて既読スルーをしている

の4つのケースが考えられます。

1.何も考えていない

これは心理でもなんでもないのですが、実際に「既読スルーになんの意味も持たせていない」ことがあります。

そのときにたまたま返信する気が向かなかったとか、内容が思いつかなかったからそのまま放置しているのです。

「それは人としてどうなんだ?」と思うかもしれませんが、世の中にはLINEでのやりとりがそんなに好きではない人がいます

そう言う人たちは、「会ったときにまとめて話した方がいいじゃん」と言う価値観の持ち主です。

LINEでのやりとりを強要しないで、その人の価値観に合わせたおつきあいを心がけた方が良いでしょう。

2.返信しなくても嫌われないと油断している

出会った当初、あるいは交際したての頃まで頻繁にLINEをくれていたのに、交際開始後にだんだんとLINEを返さなくなる男性がいます。

いわゆる「釣った魚に餌をやらない現象」ですが、女性が気にする必要は全くありません。

そう言う人は、もともとLINEをそんなにする人ではなく、あなたと交際するために一定期間だけ一生懸命LINEをしていたのです。

いわゆる「求愛行動」の一種だったと考えてください。

無事自分の彼女になったので、安心して求愛行動をやめてしまったんです。

決して熱が冷めたわけでもないですし、むしろ二人の関係性に安心している証拠だとも言えます。

3.忙しくてLINE返せないアピールしたい

先ほど「忙しい」と返す人は脈なしだと説明しました。

こういう人は、「忙しくて返信できない」のに、どうして「忙しい」と返信することはできるのでしょうか?

実は「忙しい」と送る人は、他人に「忙しくしているあなたを尊敬するわ」を思われたいがために、忙しいアピールのために既読スルーを利用しているのです。

このケースが厄介なのは、そう思っていることを本人が自覚していなくて、「自分は本当に忙しくてLINEする暇すらないんだ」と信じていることがあることです。

「忙しい」ことがアイデンティティになっているので、逆にレスができてしまうと本人のアイデンティティが崩れてしまいます。

だから返信をしないのですね。

 

尊敬されたいと思っているなら「脈アリ」ではないの?

と思うかもしれませんが、「ただ単に尊敬されたいだけ」なので脈アリだとは考えないように注意。してください。

4.気をひくためにあえて既読スルーをしている

一部の男性向けの恋愛指南本などでは、女性の気をひくためにあえて既読スルーをすることをアドバイスしています。

女性がこちらに気があるそぶりを見せたタイミングで急に既読スルーにすることで、女性がそのことで頭がいっぱいになり、より自分にゾッコンになりやすい、という根拠だそうです。

客観的に判断をするのが難しいケースですが、そういうセコいことをしてくる人は、高圧的で人を見下すようなコミュニケーションをする傾向があります。

やりとりする中で違和感をちょっとでも感じたら、できるだけ近づかないようにしましょう。

また、別のケースとしてこんな事例もありました。

「仕事でミスをして凹んでいる」と彼氏からLINEが来たので彼女が「大丈夫だよ」と送ったら、そこから返信が来なくなったようです。

おそらく彼氏は「大丈夫だよ」と励ましてもらいたかったのではなく、「そうだったんだ、大変だったね(ヨシヨシ)」と慰めて欲しかったのです。

これも別の意味で「気をひくためにあえて既読スルーしている」事例といえるでしょう。

既読スルー・既読無視をされた時の”目から鱗”の対処法

さて、既読スルーする側の気持ちがある程度把握できたところで、ここからは具体的な対処法について考えていきましょう。

結論から言えば、「こうすればLINEが返ってくるようになる」という魔法のLINEは存在しません

 

なんだ、返信が来る方法を知りたかったのに・・・

とガッカリされたかもしれません。

しかし、これまで解説してきた通り、既読スルーをする理由やする人の心理は実に様々です。

その人の価値観や、二人の関係性、本人の精神状況など様々な要因が絡み合って「既読スルー」という現象が起こります。

既読スルー・既読無視に「特効薬」はない

既読スルーはいろんな病原菌が要因になっている風邪みたいなものなので、「全ての風邪に効く薬」が作れないのと同じように、「全ての既読スルーに効くLINE」が作れないのです。

これまで紹介したように相手が既読スルーをした理由を予想して

既読スルーへの対処療法
  • 返信を催促する
  • 別の話題を振ってみる、追加のメッセージを送る
  • 焦らずに距離感を間違えたLINEを送らないようにする

くらいしかやれることがないのです。

川口

『他のSNSでいいね !やコメントをしてみよう』『共通のグループLINEで話を振ってみよう』なんて言われることもありますが、余計にウザがられて悪化する可能性の方が高いのでオススメしません

ですから、「既読スルーになって焦って対処する」対処療法を頑張るよりも、「そもそも既読スルーにならない」予防法を身につけなくてはならないのです。

既読スルー・既読無視を引き起こす根本の原因は?

とは言え、どんな理由であれ共通している点があります。

それは、相手があなたにLINEを返信することが重要だと思っていない、ということです。

そこでポイントになるのは、どうしたら自分とのLINEが重要だと思ってもらえるのか?ということです。

実は既読スルーされないようにするためには、

  • 第一印象を磨く(やりとりを開始する前の予防)
  • 相手の喜ぶLINEは何かを真剣に考える(やりとりを開始した後の予防)

の2つが重要になります。

そしてこの2つをしっかりやっていれば、相手の中で自分にLINEを返信する重要性が自然と上がっていくのです。

第一印象はLINEしている間にもずっと影響している

出会いの場所には

  • 合コン
  • パーティー
  • マッチングアプリ
  • 知人の紹介
  • 異業種交流会
  • 同じ職場・同じ大学

などの様々なキッカケがありますが、人の第一印象は約6秒で決まり、半年間は覆らないと言われています。

これは心理の世界ではあまりにも有名な「ハロー効果(初頭効果)」によるものですが、多くの人がこの「第一印象の威力」をないがしろにしています

既読スルー・既読無視されたのは「第一印象」が原因!?

例えば、あなたが送った何気ない一言のLINEからパタンと返信が来なくなったことを想定してみましょう。

あなたは「え、何かまずいこと言った?汗」と焦り、送った内容を見返したり、それまでのやりとりを遡ったりします。

しかし、どう客観的にみても自分に非があるとは思えない。

こういう時は、だいたい「第一印象からつまづいている」のです。

つまり、最初の印象で「この人はそんなに積極的にLINEを続けたい」と思われておらず、その印象のままLINEを開始してしまったので、相手の頭の中には、

 

あんまりLINEしたくない人とLINEを続けている

というイメージがLINEをするたびに強まっていきます。

そのため、ある時に限界と迎えて突然パタンと返信が来なくなる、というわけです。

これは送った内容そのものが悪いのではなく、第一印象によって作り出された負のイメージの蓄積によるものなのです。

ですから極端な話、第一印象が微妙であればその後どんなにLINEを頑張っても微妙な印象しか伝えられないのです。

逆に、最初の印象が良ければそのあとのLINEが適当でもずっと好印象が続きます。

第一印象が良ければ「ザオラルメール」も返ってくる

ザオラルメールとは、既読スルーなどによってやりとりが疎遠になってしまった相手に、会話を復活させるために送るメッセージのことをさします。

  • 『今〇〇駅にいたよね!』と偶然見かけたことにして「いや、別の人だよ」という返信をもらう
  • 誰かに送るはずの内容を意図的に間違えて送って「送る人間違えているよ」という返信をもらう
  • 「〜について詳しかったよね?今度教えてくれない?」と口実をつけて会おうとする

など、色々なザオラルメールが日夜開発されています。

川口

しかし同じ内容でも「印象の差」よって成功確率に天と地ほどの差があります

究極的に言えば、印象さえ良ければどんな内容を送っても返ってくるし、印象が悪ければどんな内容を送っても返って来ないのです。

※ザオラル=ドラゴンクエストの仲間を一定の確率で生き返らせる魔法のこと。

100%生き返らせる魔法をザオリクと言いますが、確実ではないザオラルであるところがポイントです。

Twitterやブログなどで紹介されている成功事例は、100人に送って1人返ってきたものが紹介されていることが多いので、参考する際には注意が必要です。

第一印象をよくするためにすぐに実践できること

ではどうすれば第一印象をよくすることができるのでしょうか?

マッチングアプリなどのオンラインの場で言えば、第一印象はプロフィール文と写真、そして最初の2〜3通のメッセージで決まります。

アプリでできる改善点
  • 笑顔で明るい写真をプロに撮ってもらう(1枚3,000円〜撮影できる)
  • 当たり障りのないつまらないプロフィールになっていないか確認する
  • 異性の友人に自分のプロフィールを見てもらい、素直な意見をもらう
  • アプリでの出会いが得意な人にメッセージを見せてもらう

といったことをするだけでも、第一印象はぐっと良くなります。

また合コンや婚活パーティなどのリアルなで言えば、「初めまして、今日はお一人でいらしたんですか?」の一言目の一瞬で決まってしまいます。

そこで

合コンやパーティーでできる改善点
  • 服装を華やかなものにする
  • メイクや髪型を似合ったものにする
  • 表情を明るくし、笑顔を心がける
  • 声のトーンを意図的に上げる

などの「パッと見の印象」を変えていきましょう。

これも自分の主観でやるよりも、そういうのが上手な人に素直に教えを請いた方がいいです。

多少のコストはかかると思いますが、LINEだけでなく全てのコミュニケーションが円滑に進むようになるので、安い投資だと思ってどんどん変えていくことをお勧めします。

これが、LINEを始める前にできる、「既読スルーにならないようにする」対処法です。

ForMeなLINEをやめて、ForYouなLINEをしよう

では次に、LINEを始める後にできる、「既読スルーにならないようにする」対処法をご紹介しましょう。

ところであなたは、相手とのLINEをしている時、以下のことを何回考えましたか?

  • 相手の興味のある話題はなんだろう?
  • 相手が掘り下げて欲しいトピックはどこだろう?
  • 相手が言われたら嬉しい言葉はなんだろう?
  • 相手が心地の良いLINEの頻度はどのくらいだろう?
  • どうしたら自分とのLINEを楽しいと思ってもらえるだろう?

・・・どうでしょうか?

「返信してほしい」と思いながらLINEしていませんか?

もしかしたらあなたは

  • なんで返信してくれないの?
  • もっと頻繁にやりとりしたいのに
  • わたしが何かしてしまったのかな
  • もしそうなら挽回したい

と自分のことをばかりを考えて、相手が喜ぶようなコミュニケーションが何かを真剣に考えてこなかったのではないでしょうか?

川口

『そう言われてみると、全然考えてなかった』

と思った方は、それこそが相手からLINEが返ってこない理由そのものであることを自覚してください。

相手の返信で承認欲求を埋めようとしてませんか?

あなたは「なぜ自分が、相手からの返信が来なくなると不安になるのか」考えたことはありますか?

 

そりゃ、誰だって気になる人から返信来なかったら不安になるよ

そう思うかもしれません。でも、ちょっと視点を変えてこんなふうに考えて見てください。

川口

自分は、相手から返信が来ることで「自分は大切にされている」と感じたがっているのではないか?

つまり、自分が愛されている証拠を、「気になっている人からの返信」に求めているのではないか、ということです。

だからこそ、返信が来ないこと=愛されていない証拠、になってしまい、焦りや不安が募ってきてしまうのではないでしょうか?

「愛情くれくれLINE」には誰だって返信したくない

もし思い当たる節があるなら、あなたの送るLINEはきっと相手に

 

私に返信してね!そしたら私が愛情を感じられるから!

という風に翻訳されて伝わっていることでしょう。

それが相手にとってどれだけストレスになっているか?考えるまでもありませんね。

このようにLINEの返信で愛情を測ろうとする「愛情くれくれLINE」は、その内容が「おはよう」の一言であったとしても、相手にはその重たい雰囲気が伝わっているのです。

この自分本位な姿勢を僕は「ForMe」な恋愛と呼んでいます。

自分を大切にしてくれる人を人は大切にする

逆に、相手のことを第一に考え

  • 相手の興味のある話題はなんだろう?
  • 相手が掘り下げて欲しいトピックはどこだろう?
  • 相手が言われたら嬉しい言葉はなんだろう?
  • 相手が心地の良いLINEの頻度はどのくらいだろう?
  • どうしたら自分とのLINEを楽しいと思ってもらえるだろう?

と相手に喜んでもらうためのLINEを真剣に考えれば、そのLINEを受け取った相手は当然嬉しく感じるでしょう。

人は、自分のことを大切にしてくれる人をないがしろにはできません。

むしろ、あなたが見返りを求めずに相手のことを考えLINEをすればするほど、相手も同じようにあなたに返したいと思うようになるでしょう。

自分がして欲しいことばかりを考えるForMeなLINEから、相手がして欲しいことばかりを考えるForYouなLINEにすれば、LINEを既読スルーされるようなことは無くなるのです。

【まとめ】既読スルーを気にしすぎないようにしよう

LINEが既読スルーされる理由には、

▼既読スルーされる理由
  • 単純に返信を忘れている
  • 返さなくていいと思っている(読んで満足している)
  • どう返したらいいかわからない
  • 仕事で忙しく返信できない(という言い訳)
  • 返すのが面倒くさい、楽しくない

などの理由が挙げられます。

加えて、既読スルーする心理としては、

▼既読スルーをする心理
  • 何も考えていない
  • 返信しなくても嫌われないと油断している
  • 忙しくてLINE返せないアピールしたい
  • 気をひくためにあえて既読スルーをしている

などの心理が働いています。

既読スルーにはこれだけ様々な要因があるので、LINEを既読スルーされたことにいちいち不安になっていてはキリがありません。

必ずしもあなたが悪い訳でもないですから、あまり気にしすぎないことです。

また修復不可能になってしまったのなら、諦めて次にいく潔さも重要です。

既読スルー・既読無視はほとんどの場合、自分にLINEを返信することが重要ではないと思われていることに起因しているので、

  • 第一印象を磨く(やりとりを開始する前)
  • 相手の喜ぶLINEは何かを真剣に考える(やりとりを開始した後)

の2つを徹底し、既読スルーが起こらないように予防することが大事です。

そのためには、LINEを始める前の出会いの場所、例えば

▼ForYouのLINE
  • 合コン
  • パーティー
  • マッチングアプリ
  • 知人の紹介
  • 異業種交流会
  • 同じ職場・同じ大学

といった場所での第一印象でつまづかないようにすることが重要です。

そして、いざLINEが始まったのなら「愛情くれくれ」のForMeなLINEではなく、相手の気持ちに寄り添ったForYouのLINEをするように心がけましょう。

▼ForYouのLINE
  • 相手の興味のある話題はなんだろう?
  • 相手が掘り下げて欲しいトピックはどこだろう?
  • 相手が言われたら嬉しい言葉はなんだろう?
  • 相手が心地の良いLINEの頻度はどのくらいだろう?
  • どうしたら自分とのLINEを楽しいと思ってもらえるだろう?

そうすることで、相手が自分とLINEをすることが楽しくなり、既読スルーをされることがなくなります

あれこれ考えて不安になるよりも、やるべきことをシンプルにして、どーんと構えている余裕が相手に伝わることも、相手にとっての心地いいコミュニケーションに繋がるのです。

この記事に関連するラベル

マッチングアプリ一覧

結婚式場サイト一覧

ページトップへ