結婚相談所は高いけど真剣な婚活には絶対必要|おすすめ5選も紹介!

記事更新日: 2021/07/08

ライター: よーへー

この記事を書いた人

よーへー恋愛・婚活アドバイザー

40歳までに結婚、子供二人の子育て、離婚を経験し、現在は再婚しています。
人生の荒波を乗り越えた経験を生かし、今では多くの人の悩みを解決しています。

よーへー

今までアプリやパーティーを使っていた人や、これから初めての婚活で結婚相談所を考えている人にとって、料金が高いのが気になりますよね。

確かに月3,000円台のマッチングアプリや1回5,000円くらいまでの婚活パーティーに比べると、結婚相談所は年間で20万円〜70万円ほどするので高いなと思いますよね。

よーへー

でも目的が結婚であるならば高いとは考えていません

なぜなら、

  • 結婚に真剣な人に出会える
  • 他の婚活サービスよりサポートが丁寧
  • 半年や1年など、結婚が期間をつけてリアルになる

こんな理由があるからです。

よーへー

では、結婚相談所で高いお金を払えば高い確率で結婚できるのでしょうか。

よーへー

やっぱり簡単ではありません。

では、結婚相談所の料金が高くなっているわけや、結婚へ向けて結婚相談所を選ぶポイントをまとめていきます。

高いかどうかの基準を整理

結婚相談所の相場を理解

よーへー

結婚相談所の料金は大きく分けて4つあります。

【結婚相談所の料金】(合計:20万円〜70万円/年間)

  • 初期費用(登録料、入会金、サポート費):3~15万程度
  • 月会費:1~1.7万程度
  • 成婚料:0~30万程度
  • オプション料金(お見合い料、有料サポートなど)

よーへー

ではなぜ料金に差が出てくるのでしょうか。

年間で合計すると大きくは50万円も違うなど、同じ結婚相談所と呼ばれているサービスでも全然違います。

仲人型とデータマッチング型で料金は違う

よーへー

まず、料金の違いはサービスの量や質によって変わってきます。

  • 仲人型:専属の担当者が一人以上ついて、紹介やお見合い調整、交際中のアドバイスまでしてくれます。
  • データマッチング型:自分のスマホやパソコンでシステムから相手を検索し、申し込みまで自分で進めていきます。

仲人型、データマッチング型の中でも各社サービスの違いによって料金の変動はありますが、大きな料金の差は専任の担当者がついてくれるかどうかです。

仲人型は人件費やスタッフの教育費などで自然に料金は高くなり、データマッチング型はオンラインも利用することで料金を安く抑え差別化を図っています。

成婚料の有る無しも判断材料

よーへー

成婚料についても設定している企業と設定していない企業があります。

成婚料はいわゆる成功報酬になるため、成婚へ繋げる自信のある会社が入り口や毎月のコストをギリギリまで下げて成婚料を高く設定しているようです。

逆にエン婚活エージェントが成婚料を設定いていないのは外部との成婚も視野に入れた運営をしているからであり、入会金と月会費で売り上げをたてています。

データマッッチング型の企業はそれに近い考え方ではないかと思われます。

よーへー

そんな考え方からも、結婚を本気で考えるなら仲人型がおすすめです。

一番望んでいる結婚が叶うのならば数十万円は高いとは言えないのではないでしょうか。

結婚したいなら結婚相談所は高くない

仲人のサポートが充実しているから

よーへー

結婚相談所の一番のメリットはこのサポートです。

ある仲人型の結婚相談所ではここまでサポートしています。

▼活動サポートに含まれるもの(例)
  • カウンセリング(婚活計画の策定)
  • プロフィール作成(写真及び自己紹介)
  • お見合い日程調整
  • 交際中のアドバイス
  • 相手の仲人とのやり取り
  • 定期的な面談やフィードバック
  • メールや電話での相談
  • カウンセラーからの相手紹介
  • お見合い申込
  • カウンセラーとの面談(随時)
  • お見合いセッティング
  • お見合い模擬面談
  • 服装や見た目のアドバイス
  • 交際中の改善点フィードバック
  • LINE術のレクチャー

よーへー

ここまでサポートしてくれたら結婚も少しは近づくと思いませんか。

これだけのサポートに対して活動サポート費や月会費が設定されています。

仲人型でも企業によってかけれられる人材、時間などが異なり、料金にも反映されます。

よーへー

それでも企業努力やスタッフの会員への想いで少しでも安く設定している企業はおすすめしたくなりますよね。

会員が結婚に真剣だから

よーへー

また、結婚相談所にはマッチングアプリには少ない結婚に真剣な人が集まっているため、お見合いで会える人はほとんどが結婚を本気で考えています。

そのため、条件に加えて相性や価値観が合えば、そこから本当に結婚に向かって二人で歩み始めます。

そんな結婚相手が見つかるかもしれないこの環境に料金を払っているので、期待値や効果に対しては高いとは言えないのではないでしょうか。

逆にまだ急がず探したい、もう少し遊びたい人はマッチングアプリがおすすめだし、結婚相談所の会員にはそういった人は少なくなっています。

結婚まで期間が見えるから

婚活サービスには結婚に近い婚活パーティーもありますが、それでも結婚相談所の会員の方が結婚を意識しています。

お見合いから真剣交際、成婚までの流れを期限で決めている企業もあり、料金を払って活動すると結婚までが本当に短期間で進む可能性があります。

高くても結婚できるとは限らない

よーへー

でも本当に結婚するには簡単ではありません。

成婚するのは概ね多くても4人に1人くらいです。

会員数はいるか

結婚相談所では各社の自社会員と、企業によっては所属しいている連盟の会員の両方にアプローチが出来ます。

自社会員だと小さいとことろでは十数人から大きなところでは1万人を超えてきます。

グループ全体では10万人に迫る大手IBJもあり、各結婚相談所によって規模は様々です。

アプローチできる人数が1万人あたりが出会いも十分にあり、ライバルも多すぎずちょうど良いです。

料金や違約金の説明が丁寧にあるか

仲人型の企業も多くあるため、やはり企業によって体質は様々です。

特に無料カウンセリング時や契約時にこちらの目線で対応してくれるはとても重要なこと。

法律でも決まっているため、料金の話や中途退会時の違約金の話を丁寧にしてくれない企業はアウトです。

成婚率は信じたらダメ

よーへー

結婚相談所の高い料金を払うのに、成婚率で決めるのは危険です。

これはよく言われていることですが、成婚率は鵜呑みにしてはいけません。

各社の間で、

  • 成婚の定義が異なる
  • 成婚率を出すための計算式が異なる

からです。

成婚するためにやるべきこと

入会の判断がとても大事

よーへー

結婚出来るかどうかは結婚相談所選びの時点でとても大きいと言えます。

無料カウンセリングで仲人と直接会って話すようにしましょう。

  • どこにいくらかかってトータルの料金になっているのか
  • 希望条件に合う会員はどれくらいいるか
  • 中途退会などの企業にメリットのないことも丁寧に話してくれるか

ここを無料カウンセリング確認してから入会するようにしてください。

結婚相談所選びを間違えるとその後の活動はかなり不利になってしまいます。

積極的にサポートは活用する

同じ結婚相談所に入ってもサポートの活かし方が人によって差が出てしまいます。

担当者と良い関係を作れてサポートをどんどん引き出せる人もいれば、どんなサービスが使えるのかの理解から遅れている人もいます。

高いお金を払って活動を決めたなら、積極的に担当者と仲良くなってサービスを使いきりましょう。

高望みせず結婚観を持つ

高い料金でどんなにサポートを受けても、自分のスペックを超えた人への申し込みは通りにくいものです。

基本的には年齢は5才上から同年代までで考えて、結婚生活にとって良い人かどうかの基準で考えるようにしましょう。

結果的に良い結婚に繋がる可能性は高くなります。

高い結婚相談所がなぜ良いか

よーへー

では高い結婚相談所に決める前におさらいです。

▼高い結婚相談所のメリット
  • サポートが充実している
  • 会員の本気度が高い
  • 期間が明確に決まっていることが多い

結婚相談所の中でも安い結婚相談所では、

  • サポートが思っていたほど受けられない
  • 会員の中にモテてみたい、遊んでみたいといった人が多い
  • 成婚までの期間のイメージが合わず、熱量が違う

なんてこともあります。

中途半端に払ったお金が成婚せずに無駄にならないよう、高くても確実に成婚につながる結婚相談所を選びましょう。

高いけど結婚を考えるならおすすめの結婚相談所

よーへー

仲人型で高いけど、おすすめできる結婚相談所を紹介します。

第1位
イノセント(総合サポートプラン)
初期費用
98,000円
月会費
15,000円
お見合い料
無料
成婚料
150,000円
真剣度
イノセントの詳細はこちら

1位 イノセント(総合サポートプラン)

イノセントの最大の魅力は会員の成婚を真剣に考えてくれている点であり、それゆえ無料カウンセリングでもその人の婚活市場に置ける状況を的確に伝えてくれます。

現状の希望条件での成婚への可能性や、成婚へ向けて努力しなければいけない点を熱心に伝え、それを了承した人が入会しています。

再婚や年齢の高い方にも婚活の現状については可能性と厳しさの両面から捉えて伝えてくれます。

厳しさもありますが、企業利益よりも会員に損をさせない姿勢がおすすめNo1です。

第2位
ハッピーカムカム
初期費用
50,000円
月会費
15,000円
お見合い料
10,000円
成婚料
150,000円
真剣度
ハッピーカムカムの詳細はこちら

2位 ハッピーカムカム

ハッピーカムカムも専任の仲人が付いて会員の成婚へ向けて真剣度の強めの結婚相談所です。

無料カウンセリングでは現状のヒアリングと希望条件の把握に時間をかけてくれてます。

結果として本人のスペックに対して希望条件が厳しい場合はその旨伝えられますが、入会金目的のカウンセリングではなく会員の成婚を考えてくれている様子が伝わります。

お香の香りがする中でカウンセリングするのはマンションの一室なのですが、カウンセリングの丁寧さからも仲人の質の良さや真剣さが伝わります。

よーへー

優しくもあり、現実を適切に捉える腕もある結婚相談所です。

第3位
IBJメンバーズ(アシストプラスコース)
初期費用
269,500円
月会費
15,500円
お見合い料
無料
成婚料
200,000円
真剣度
IBJメンバーズの詳細はこちら

3位 IBJメンバーズ(アシストプラス)

IBJメンバーズは大手の結婚相談所で、連盟全体の会員数は約65,000人です。

会員のメインの年齢層は男女30代と男性は40代も多くハイスペが集まる結婚相談所です。

入会基準が高く設定されているため、自然と男女共にスペックの高い人が集まります。

第4位
サンマリエ(スタンダード)
初期費用
170,000円
月会費
16,000円
お見合い料
無料
成婚料
200,000円
真剣度
サンマリエの詳細はこちら

4位 サンマリエ(スタンダード)

サンマリエは30代、40代は中心の仲人型結婚相談所です。

仲人の質は賛否両論ですが、無料カウンセリングで仲人に会うことが出来ます。

必ず仲人に一度会って、自分の希望条件で会える人がどれくらいいるかどうか確認してください。

第5位
ツヴァイ(紹介+自由検索コース)
初期費用
98,000円
月会費
15,800円
お見合い料
無料
成婚料
200,000円
真剣度
ツヴァイの詳細はこちら

5位 ツヴァイ(紹介+自由検索コース)

ツヴァイは上記4社に比べるとデータマッチング型の結婚相談所で、仲人の質やが下がる分やや料金は下がります。

自分で検索して積極的に動ける人におすすめですが、自分の希望する条件の人がどれくらいいるかは無料カウンセリングで確認してください。

ツヴァイでは無料カウンセリングにてマッチングシミュレーションが出来るので希望条件での両想いの人が何人いるかもお教えてくれます。

まとめ

よーへー

今回は結婚相談所が高いけど結婚には向いている点やおすすめの結婚相談所を紹介してきました。

結婚相談所はそのほかの婚活サービスに比べたら料金は高く設定されています。

  • サポートの質が高い
  • 会員の結婚への本気度が高い
  • 結婚へ向けて期間が見えてくる

これらの点において、本気で結婚を考える人には高いと言ってる場合でないくらい結婚相談所がおすすめです。

よーへー

でも高いだけで良くない結婚相談所もあるので注意は必要です。

この記事を読んで良い結婚相談所選びに繋がれば幸いです。

この記事に関連するラベル

結婚式場サイト一覧

このジャンルのサービス

ページトップへ