シングルマザーの結婚事情について!男性目線も交えて解説します!

記事更新日: 2021/02/09

ライター: フジ

この記事を書いた人

フジ/アラサー独身男性

普段は上場企業で営業を行っている、

ごく普通の営業職のアラサー。

そろそろ理想的で真剣な恋愛がしたいとマッチングアプリと婚活サイトを使って検証中。

検証は始めて1年半。結婚相談所の調査の中で企業側の強み弱み・企みを見抜いて有益な情報だけを抽出していきます。

この記事に書いてある事
シングルマザーの結婚事情について
・シンママと再婚する男性の本音
・シンママが結婚するのに気をつけるべきこと
・実際にシンママが苦労した婚活奮闘記
・どのようにして出会い、結婚をするのか

現在日本では3分の1の割合で離婚が起きていると言われています。

厚生労働省の発表から結婚から5年未満の比率が32.9%であるともわかっています。

シンママが増える一方で、シンママの結婚(再婚)の波もやってきていると言えます。

フジ

そんなシンママたちの婚活は通常と違ってハードルもあるし、メリットもあると言えます

▼シンママたちのハードルとメリット

・初婚にこだわりのある男性とは結ばれにくい
・子供が父親として相手を見れない可能性がある
・相手が自分の子供を愛し切れるか保証はない
・出産・育児をしているというたくましさが好印象に見える
・一度失敗をしているので同じ失敗をしなさそうであるという安心感

フジ

賛否両論もありますが、シンママの別れた男性側にも需要が生まれることを考えると賛成派が増えるのではないでしょうか。

▼LoveBookがお伝えしたい事
  • 今後はシンママの結婚が増える傾向にあるため
  • 男女共にシンママ・シンパパ・離婚者へ偏見を持ちすぎないことが大事になる
  • こだわりと偏見は違うのでしっかり見極めをしましょう
  • シンママになった人のメリットをしっかり理解すべき(男性やシンママの家族)
  • シンママは偏見を受けることは覚悟で婚活しなければならない(あなたはもっと強くなれる)

フジ

とはいえ、なかなか心配事を周りに吐き出せずにあらたな出会いの一歩を踏み出せない人も多いのです。

▼こんな人のための記事です

・婚活をまた考えているシンママ

・シンママになりたてで希望が欲しい人

・婚活中のシンママ

・シンママと付き合おうか悩んでいる家族

・シンママになった人の家族

フジ

シンママはこれからの時代のトレンドになると予想されます。

この情報が読んでくださる方の知恵や勇気になることを願っています。

このページを最後まで読んで少しでも良いなと思った事は是非参考にしてみてください。

男性から見たシンママとの結婚とは。賛否両論のホンネ

シンママは一度結婚をして離婚しているという失敗を負い目に感じていることがあります。

しかしその反面で出産をする選択をしたことや子供が生まれてから今に至るまで育てて守ってきたことを考えると、

たくましさや子育てに対して責任感があるという面を持ち合わせています。

フジ

男性側から見たシンママが結婚をする事への心の内をネットやSNS上で集めた声を元にお伝えします。

離婚しても立ち上がる芯の強さがある

失敗を生かして次へ進んで幸せになろうとする強さがすばらしいことです。

また、『バツイチ』『シンママ』という言葉が浸透したため、

偏見を持つ人も数が減ってきたことや素晴らしいと思う方に目を向ける人も増えています。

フジ

メンタルの強さや奮起する姿は、男性が男性に向けて感じるかっこよさを越えているとさえ思えます。

自分よりも子供を守ろうとする親としての責任感が強い

シンママが再度結婚を考える時には自分の幸せよりも、子供の養育や幸せのために再婚することを考えていることが多くあります。

周りに同じ経験をしている人が少ない中で、子供と自分自身の心を支えていく事にはかなりの忍耐力が必要です。

フジ

結婚した後も子供のために努力する姿が目に浮かびそうです。

出産・育児という女性にとって大きなイベントを乗り越えている事をステータスとして感じる男性もいます。

他人の子供を愛せるのか?心配である

シンママにとっても再婚は初経験になると思いますが、『男性側にとっても初めて』である可能性も高くあります。

男性も好きになった人の子供が、もともとは自分の子供でない事に対して悩んだり葛藤があるはずです。

▼実際に考え得る問題(ネット上の口コミや投稿より抜粋)

・自分との間でできた子供と比べてしまいそう

・血の繋がりがない事に対して理由はないがなんとなく抵抗を感じてしまう

・いつ自分が本当の父親でないとカミングアウトするのか迷う

・家族、相手の家族、周りからの理解が得られるのか心配になる

フジ

最終的には当人次第ですが、あらゆる方面の対人のコミュニケーションで悩みそうです。

《金銭面》想定外だった子供の教育費・生活費に悩む

通常、というと語弊があるかもしれませんが多くの場合男性は、

彼女→結婚して奥さんになる→子供ができるという事を想定しています。

いきなり子供がいる状態になるという事に対して金銭的な不安が増えます。

フジ

食費や生活費だけでなく、学校や習い事などの事を考えると想定外の出費になります。

シンママが結婚を考えるときのための心構え

相手は金銭的に心配しています。備えあれば憂いなし。

上記の通り、男性は子供の生活費や教育費を念頭に置いて婚活・恋活をしていない可能性が高いです。

あなたの稼ぎだけで少しでも支えと思ってくれるのかすり合わせたり、

女性がマネーリテラシーをつけるなど工夫をしないと安心はしてもらえないでしょう。

フジ

というのも、男性一人でも生きていくのが厳しいのが今の日本です。

▼男性の平均年収(画像引用:Yahoo!ニュースより)

フジ

学生ローンを払っている人もいるし、貯蓄をしっかりしてできている人も多くはないです。

そこに子供の教育費がかかるとなると、なかなか負担は大きいものです。

▼平均的な教育費(画像引用:フコク生命の学資保険より

LoveBookでは婚活をする人のための節約術やお金についての知識についても触れています。

どうしても結婚とお金は密接に関係しているので、切り離さずに考えて解決していく必要があります。

子供が相手を父親と思うか?自分だけ完結させないように。

シンママの場合の婚活で大変なのは自分の意思だけでなくて子供の気持ちもある事です。

子供が相手を父親として受け入れることができればすんなり結婚はできますが、

『人見知り』や元父親から『暴力を受けていた場合』などは一筋縄ではいかないので、

少しずつ会わせたり子供の気持ちを尊重しながら様子を見ていく必要があります。

子供が思春期のタイミングは極力避けたい

大人の都合で子供に悪影響が及ぼされる事は極力避けたいですね。

できるならば物心がつく前成人した後です。

フジ

思春期にそれまで他人であった男性を父親とする事は、メンタルへ大きな影響があります。

今後の人生に大きな影響を及ぼす事が想定されます。

悪影響が出てうまく人格形成がされなくなる可能性がある事を考えるとできるだけ子供が思春期のうちの再婚は避けるか、細心の注意を払うべきです。

物心がつく前の再婚

子供が幼少期であれば記憶が曖昧であるため、新しいパートナーを父親と認識してくれる事も多々あります。

しかし、自分が本当の父親ではない事、しかし自分の子供として大切に思っている事はどこかのタイミングで打ち明けるべきです。

このタイミングもまた難しさがありますので、子供の成長にあわせて夫婦で考えねばなりません。

成人した後であれば比較的楽である

子供が成人して精神的にも自立している状態であれば再婚をしても理解されやすいと思います。

子供も大人になれば母親の気持ちを理解したり応援したい気持ちが大きくなるでしょう。

フジ

親の再婚の背中を押したくて成人した子供が結婚相談所の資料請求をする事もあります。

成人したあとの再婚でも問題はある

教育費などの心配を相手の男性にかける事はほぼ無くなりますが、

長期的に人生を考えた時に自分や男性の死後の資産の配分をどうするかなど金銭面での贈与にも問題があがります。

フジ

主には男性の実家側との問題になりやすいです。

様々な問題こそありますが、これを乗り越える事ができた分だけより固い絆で結ばれて幸せな家庭を作る事ができるでしょう。

どのように出会い、再婚するのが良いか?

オススメは結婚相談所でアドバイスを受けること

結婚相談所は結婚をしたいという意思のある人だけが集まる場所です。

『恋活』ではなく『婚活』である事がポイントです。

フジ

そして仲人・アドバイザーは婚活のプロです。

婚活での成功・失敗を熟知した人がサポートをしてくれます。どうしたら相手へうまくアプローチできるか、

また、元々知り合いでもない第三者へは相談しやすいというメリットがあります。

しかしその反面コストがかかる

婚活をする中で最も料金がかかるのが結婚相談所です。

入会金や成婚料がかかるのである程度の貯蓄が必要であること、毎月月額会費がかかることを見越しておく必要があります。

フジ

とはいえ、自分が何ヶ月くらいで成婚できそうか検討がつきませんよね。

LoveBookのオススメとしてはいくつかの結婚相談所の無料相談を受けて自分にあっている相談所を探す事、

また、相談所を金銭的な理由で入会できない場合でも無料相談で仲人から自分の婚活市場での価値がどれほどでるか、ドバイスをもらえることがあります。

フジ

アドバイスをもらうためだけにいくのはNGです。

真剣に検討するのであればいくつかの相談所をハシゴする事がおすすめです。

▼国内最大手の結婚相談所をまずは知っておくと婚活市場を掴みやすいです。
▼【LoveBook・フジのイチオシ】関東でおすすめ、最もあなたに寄り添いアドバイスをくれる相談所
▼地方での婚活であればコチラもおすすめです
▼料金をとにかく抑える場合(サポートは少ないです)

シンママ限定の婚活パーティーを狙う

パーティーへの参加ごとにお金がかかりますが、婚活意識の高い男性と会うことができます。

シンママ限定・シンママOKのパーティーも開催されています。

フジ

シンパパ・バツイチ限定/OKのパーティもあるので、同じ境遇の人と実際に顔をあわせる事ができるいうメリットがあります。

2021年現在のコロナ禍の影響でパーティの開催数やパーティに参加できる人数規制が新たなハードルとして感じられますが、

逆に言えばそれでも参加する人の本気度は高いといえます。

ソーシャルディスタンスに気をつけながら参加できるのであればオススメです。

マッチングアプリはあまりオススメできない

一番お金がかからず、手軽さがありますがシンママを狙ったヤリモクも存在します。

また、婚活ではなく恋活をメインにしている人も多いためニーズが合わない事も多々あります。

フジ

安い分、リスクも大きくあるという事を考えていないと疲弊してしまいます。

婚活は自己責任です。少しでも情報を多く仕入れて自分に合う婚活をしましょう。

シンママであるという負い目よりもメリットを感じて前向きに婚活をする人が増える事を願っています。

フジ

最後までお読みいただきありがとうございました!

この記事に関連するラベル

結婚式場サイト一覧

ページトップへ