結婚したら60万円の助成金が貰えるって知ってた?条件や注意点を詳しく解説

記事更新日: 2021/01/27

ライター: かずみん

この記事を書いた人

かずみん婚活に励むアラサー女子

製薬会社勤務、博士号取得のリケジョ。20代でマッチングアプリを使い倒し、30代でLoveBookのノウハウを駆使して見事成婚。有益な情報をお伝えできるよう、結婚相談所・式場・ブライダルエステに行きまくった調査結果を発信。女性のキャリア、婚活相談、式場相談、パートナーシップまで幅広く対応。

かずみん

“結婚したら60万円の助成金が貰える”って知ってましたか?

『結婚新生活支援事業』といって、内閣府の地域少子化対策の一環で行われている国策のひとつ。

結婚を希望する人が経済的理由で結婚を諦めることがないように、結婚や住宅に対する資金を補助しようというものです。

かずみん

「PLACOLE WEDDING(プラコレ )」を運営する、冒険社プラコレが20代~30代女性1373名に「結婚新生活支援事業費補助金 (結婚助成金)について」の調査を実施致しました。

PRITIMEより引用

かずみん

ほとんどの人が認知していないですよね...汗

かずみん

いや〜全然浸透していない...

「結婚 給付金」なんてなかなか調べないよ...

内閣府が2020年9月21日に「2021年4月から条件を緩和し、補助上限額を30万円から60万円に引き上げる」と発表して少しは話題になったものの、『一生知らずに受給できない』という人が7割近くいるのが現状です。

かずみん

今までは、『対象地域に在住、世帯年収340万以下、二人の年齢が34歳以下』どかなり対象が限定されていましたが、2021年4月からは条件が緩和されます。

改定例

「結婚新生活支援事業」を実施している地域に住んでいるかを確認

令和2年度は1,741市町村中、281市区町村のみ(東京等主要都市除外)となってます。

かずみん

せっかくもらえる助成金!対象者は貰わないと損ですよ!

ただし、全員補助金をもらえる訳ではなく、一定の条件があります。

かずみん

60万ですよ!大きいですよね!

『知らないで損する』のはとてもモッタイナイので、ぜひこの記事を読んで、対象者はもれなく申請しましょう^^

結婚助成金を分かりやすく解説
2021年4月から対象者が変わる!
  • 結婚準備金として60万円の助成金がもらえる!
  • 婚姻日の年齢が夫婦とも39歳以下で世帯年収540万未満が対象
  • 各市町村で手続きを!

 

「結婚新生活支援事業費補助金」とは

かずみん

結婚新生活支援事業費補助金は、内閣府の地域少子化対策の一環で、結婚を希望する人が希望する年齢で結婚をかなえられるように環境を整備するための国策のひとつ。

新婚世帯が結婚に踏み切れない要因を調査した国のアンケートで、結婚資金が結婚の障害と答えた人が全体の約40%、結婚の為の住居費用と答えた人が約20%いたそうです。

かずみん

結婚に踏み切れない主な要因は経済的理由なんですね...

そこで、結婚に伴う経済的負担を軽減するため、新婚世帯に対し、結婚に伴う新生活のスタートアップに係るコスト(新居の家賃、引越費用等)を支援する地方自治体を対象に、国が地方自治体による支援額の一部を補助してくれます。

かずみん

2021年4月1日から条件が改定され、より受給できる人が増えています!

 

2021年4月1日から条件が改定されます!

主な変更点は?

かずみん

主な変更点は、受給を受けられる年齢が広がり、受給額が上がったことです。

▼主な変更点
  • 受給が受けられる年齢:婚姻日の年齢が夫婦とも34歳以下→夫婦共に39歳以下
  • もらえる補助上限額:30万円→60万円
  • 対象者の世帯年収:340万未満→540万未満

かずみん

今までは世帯年収が「340万円以下」だったため、対象者がかなり少なかったのですが、540万円に上限が上がることで、対象となる家庭は増えるでしょう!

受給を受けるための具体的な条件をみてみましょう。

 

受給できる金額は?

かずみん

補助金のもらえる金額が30万円から60万円にアップします。

もらえる金額
  • 2021年3月まで:最大30万円
  • 2021年4月から:最大60万円

 

どんな費用が対象になるの?

かずみん

補助金の使い道は『引越し・新居準備費用』に限られます。

もらえる金額
  • 新居の住居費
  • 新居の購入費
  • 新居の家賃、敷金・礼金、共益費、仲介手数料
  • 新居への引越費用 (引越業者や運送業者に支払った引越費用)

かずみん

これらを合わせて1世帯あたり最大60万円までです。

 

衝撃の少なさ?受給される条件は?

どんな世帯が対象なの?

かずみん

2021年4月からは下記の条件に当てはまる世帯が対象になります。

▼2021年4月1日からの適応条件
  • 平成30年1月1日からお住まいの市区町村の事業終了日までに入籍した世帯
  • 夫婦の所得を合わせて540万円未満の世帯
  • 夫婦ともに婚姻日における年齢が39歳以下の世帯
  • 住んでいる市区町村が定める要件を満たす世帯

上記1〜4の要件を全て満たす必要があります。

かずみん

奨学金を返還している世帯は、ご夫婦の所得から奨学金の年間返済額を控除してOKです!

※ただし、市区町村によって特別な条件を出しているところもあるので、詳しくは各市町村のHPを確認しましょう。

かずみん

ちなみに再婚でも条件に当てはまればもらえます!

 

対象地域は?まさかの東京対象外...

かずみん

「結婚新生活支援事業」を実施している下記の市区町村が対象です。

【平成31年3月28日現在での結婚新生活支援事業対象地域】

内閣府HPより引用

現在は260市区町村で事業を実施中です。

かずみん

な、なんと東京は対象外...汗

詳細は内閣府のページや市区町村のHPを確認しましょう。

 

その他の条件

かずみん

申請する年度内の引越しの支払い完了、婚姻届の提出を完了している必要があります。

▼2021年4月1日からの適応条件
  • 過去に同じ補助金を受けていないこと
  • 申請する年度内に新居・引越しの支払いが完了していること
  • 申請する前に婚姻届を提出していること

また、市町村によっては

  • 勤務先から住宅手当の支給を受けている場合は、その部分については対象外
  • 賃料及び共益費の対象となる月は、引越しした月~1年間

など追加条件がある場合もあります。

 

こんなものは補助金対象外!

かずみん

引越しの準備や新居準備費用が対象なので、下記のような費用は補助金適応外です。

▼対象外になるケース
  • レンタカー等により自分で引っ越しをした場合のレンタカー代
  • 引っ越しに伴う不用品の処分費用
  • 家具の購入費用
  • 結婚式費用

かずみん

残念ながら、結婚式費用などは対象外ですね。

引越しにかかる費用は補助金でまかなって、浮いたお金を結婚式費用に回しましょう!

 

いつまでにどこで申請すればいいの

申請の流れ

かずみん

通知を受けたら、「補助金交付請求書(様式第7号)」に請求金額、振込先口座番号等をご記入の上、住宅政策課までご提出下さい。

申請の流れ
  • 必要書類を準備
  • 必要書類を市町村の担当部署へご提出
  • 審査の結果、補助金の交付が決まれば「補助金交付決定兼額確定通知書」により通知
  • 補助金の請求
  • 補助金の振り込み

かずみん

請求書に記載の口座へ補助金が振り込まれます。

 

必要な書類は?

かずみん

「結婚新生活支援事業費補助金」をもらうためは、主に3つの必要書類をそろえて市町村に申請用紙を提出する必要があります。

▼必要な書類
  • 申請書
  • 各種証明書(結婚届受理証明書や入籍後の戸籍謄本など)
  • 申請したい費用がわかるもの(引っ越しや居住費の領収書など)

 

かずみん

必要書類の詳細です。

市区町村ごとに用意しなければならない書類や条件は違う可能性があるので、住んでいる地区のHPをまずはチェックしましょう。

▼必要書類チェックシート

<市町村のHPでダウンロードできる>
□補助金交付申請書
□誓約書
□補助対象要件チェックシート
□必要書類確認兼送付書

<市役所でもらえる>
□婚姻届受理証明書または婚姻後の戸籍謄本
□新婚世帯全員の住民票
□世帯の所得がわかる市民税・県民税所得証明書などの書類あああ

<自分で準備>
□奨学金を返済している場合は、奨学金の返済額がわかる書類
□離職を証する書類等(離職者、退職者のみ)

<不動産屋でもらえる>
□入居対象となる住居に関する書類
□新居の住居費を支払ったことを証する書
□新居の住居費や引越しの領収書など対象となる費用の確認に必要な書類の写し

<会社でもらえる>
□給与明細の写しなど住宅手当の支給についてわかる書類

かずみん

『市町村のHPでダウンロードできる書類』に関しては、「市区町村名 結婚新生活支援事業」などで検索してみましょう。

準備ができたら、直接市区町村に申請にいきましょう!

かずみん

「自分が対象になるのか?」など何か疑問点があれば、各市役所に問い合わせましょう。

 

さいごに

かずみん

2021年4月から結婚新生活支援事業費補助金がもらえる対象が広がります!

結婚助成金を分かりやすく解説
2021年4月から対象者が変わる!
  • 結婚準備金として60万円の助成金がもらえる!
  • 婚姻日の年齢が夫婦とも39歳以下で世帯年収540万未満が対象
  • 自分の地域が対象かは「市区町村名 結婚新生活支援事業」で検索!
  • 対象者は各市町村で手続きを!

かずみん

もらえるものはしっかりもらって、新婚生活の足しにしましょう!

 

この記事に関連するラベル

マッチングアプリ一覧

結婚式場サイト一覧

ページトップへ