なぜwithは婚活に向かないのか?登録する際の注意点と効果的な使い方

記事更新日: 2022/04/29

ライター: リリ

この記事を書いた人

リリハイスペとの結婚を夢見るバリキャリ

外資系金融に勤めるアラサー女子。婚活サービスを通じて200人以上の男性と出会ってきた超行動派

 

 

withが婚活に不向きな理由
マッチングアプリ『with』の特徴
  • withはすぐに結婚したい人には向かない理由
  • 価値観診断を婚活に活かす方法がある
  • 婚活が成功しやすいプロフィール作成術 など

withはすぐに結婚したい人には不向きのアプリです!

withは、独自の診断テストや好みカード機能』によって

  • 相性のいい人を探す手間が省ける
  • マッチンング後の会話に困らない
  • イケメンや美女にいいね!が集中しない

というメリットがありオクテで内面重視の人が使いやすいんです。

しかしwithは「婚活」に使うのは不向きなアプリと言えます。

▼withが婚活に向かない理由
  • withは20代が多いため30代以降は苦戦する
  • 全体的に男女ともに結婚意識が弱い
  • 恋活目的の人が多い

この事実を知らずに婚活アプリとして登録しても、いい人とすぐには出会えない可能性が高いです。

ただし「婚活に全く役に立たない」というワケでもありません。

withは効率性やスピードは置いておいて「どんな人と結婚したいのかがよくわからない」という人にはオススメなサービスと言えます。

リリ

この記事では、婚活目的でwithを使いたい場合の攻略法を徹底的に解説していきます♪

 

 

このページの目次

【要注意】withは20代の主戦場!30代は苦戦します

まずはじめに、婚活目的でwithを使う際の注意点をお伝えします。

リリ

withの登録者のほとんどが男女ともに20代です。

 

withの年齢層をみてみると

・30代はその3分の1
・40代以降となると10分の1

まで数が減ってしまいます。

ですから、年齢が上になるほど出会うのが難しくなるアプリだということです。

リリ

この年齢層分布から言えることがあります。

まず『30代男性』は20代女性と出会えるチャンスがかなりあります。

同年代のライバルが少ないですし、20代男性は所得が低い人が多いので、高級感のある場所をデートコースにチョイスするとそれだけで差別化されます。

 

30代女性も同様、20代男子とのマッチングできます。

リリ

しかし、以下の特徴がないと正直苦戦を強いられます。

  • 20代女性に負けずとも劣らない容姿
  • 草食系が頼りたくなるしっかり者気質

30代女性が同世代の男性を狙うとしても、恋活目的の30代男性は、20代女性狙いの人が多いので厳しいでしょう。

無料なので試してみるのは有りですが、長期で頑張って成果につながらない場合は、同世代の多いPairsなどに移行したほうが無難です。

 

 

 

withユーザーは婚活意識がものすごく低い

さらにwithのユーザーは全体的に結婚への意識がとても低いのが特徴です。

▼withは男性の結婚意識が低い

男性ユーザー96万人の中で「すぐに結婚したい人」「2〜3年のうちに結婚したい人」に絞ると9.6万人にまで数が激減します。

(全体の10%)

その中でさらに、29歳までの男性を対象に絞り込むと5万人まで減ります。(全体の5.2%

つまりwithに登録している男性は積極的に結婚したい人が8%しかいないという計算になります。

▼withは女性の結婚意識も低い

同様に女性も、ユーザー50万人の中で「すぐに結婚したい人」「2〜3年のうちに結婚したい人」に絞った場合、結婚したい人は6.5万人しかいません。(全体の13%)

その中でさらに、29歳までの女性を対象に絞り込むと3.8万人まで減ります。(全体の7.6%)

つまりwithに登録している女性は、積極的に結婚したい人が11%しかいないという計算になります。

withが最も向いているのは「内面重視志向の・恋愛したい・20代」です

リリ

これらの理由から、1年以内に結婚したいアラサー世代には不向きなアプリです。

確かにレビューや口コミの中で「結婚できました」という人もいますが、それは全体で見るとものすごく少ない割合なのです。

それを真に受けて『わたしもwithで婚活するぞ!』と考えてしまうと、効率が悪いかもしれませんね。

 

withは価値観や性格診断が豊富なので、「内面重視で婚活したい私にはぴったりじゃないか」と思いがちですが、そこが落とし穴です。

withはあくまでも「内面重視志向の・恋愛したい・20代」のためのアプリなのです。

▼30代 婚活女性の意見

 

この方は「いいね」したい人が壊滅的にいないと呟いていますが、ユーザーの大半が恋活メインですから仕方ないですよね。

とはいえ、『内面重視でお付き合いをしたい』と考える人にとっては、withがオススメであることには変わりありません。

withは「相性の良い人」を自己分析できるのが婚活に有効

withが近年人気を集めている理由は

  • 診断テストによるマッチングしやすさ
  • AIによる相性のいい人の自動オススメ機能
  • 恋活アプリ初心者に寄り添った設計

によって、どんな人でも相性のいい人とマッチングできるように作られている、という点にあります。

これによりwithは恋にオクテの人でもゆっくり恋人が作れるような機能が充実しています。

なぜ、診断テストが内面重視の人に効果的なのか?

withが用意している診断コンテンツをやってみると、自分の傾向性を知ることができます。

▼診断コンテンツを使うメリット
  • 自分の恋愛の傾向性がわかる
  • 自分と相性のいいユーザーを自動で見つけられる
  • 相性のいい人へのいいね!が無料でできる

これが婚活をする上でとても参考になります

実際に診断テストを受けるとこんな風に結果を教えてくれます。

純粋にこれだけでも楽しいのですが、加えて大事なのは、自分の性格や価値観に合う人を自動でオススメしてくれるということです。

このように、相性のいい人をずらっと並べてくれます。(黒く塗りつぶされているのがオススメされている人)


診断テストには

  • 性格診断
  • メールの診断
  • ファッションの診断
  • お食事デートの診断
  • 理想のカップル像診断

などのいくつか種類があります。

複数の診断することで、異性のプロフィールを見た際に、「この人は何個相性がいい」ということがわかるようになります。

この診断結果の相性をもとに人に合っていけば、自分がどんな人と相性がいいのか?という分析がしやすくなります。

リリ

自分の好みではないけど、相性がいいから会ってみたら、とても波長の合う人だった、という発見が多いのです。

 

特に婚活初期は、自分がどんな人と結婚したいのかも上手に言語化できていないものです。

しかし、人に会う前にある程度相性の良し悪しがわかっていれば、無駄打ちをする必要がなくなります。

そして、相性が良いなと思った人が「なぜ相性が良かったのか」診断テストをみてわかるようになっているのです。

好みカードを登録することでさらにやりとりがスムーズに

この診断テストと相乗効果を持たせるのが、「好みカード」の登録です。

いわゆる「好きなものや趣味」を登録する機能なのですが、これを複数登録しておけば、『ForYou』機能を使って自分と好きなものが同じ相手をすぐに見つけることができます

何が共通の趣味なのか一目でにわかる!

この『好みカード機能』を使うべき理由は、マッチング率やメッセージをもらえる率に顕著に現れています。

▼好みカードを使うべき3つの理由
  • 興味関心が同じ相手からの足あとが6倍
  • マッチング数が10倍
  • メッセージ受信率が4.5倍

これも診断テスト同様に、『共通点がたくさんあったので、お話しして見たいと思いました』といった具合に、最初のメッセージを送りやすくなるメリットがあります。

withは相性の良い人を見つける手間が省ける

ということは、診断テストと好みのカードを使ってマッチングを進めていけば

  • 共通の趣味が瞬時でわかるようになっていて
  • どんな人が相性がいいのかはアプリ側で教えてくれ
  • 実際に会ってみた時の検証がかけやすくなる

ので、自分にとって相性の良い相手を探す手間が省けます。

ですから恋愛にガツガツできない人でも、最初の一歩を踏み出しやすいのです。

【Twitterで本音炸裂】with使用者の口コミまとめ

withのこのような特徴から、実際に「真面目な人が多い」意見が多く見受けられます。

リリ

「結婚を意識した真面目な恋愛」をしたい人にはオススメのアプリと言えるでしょう。

 

withの不正ユーザー対策は?サクラや業者はいる?

婚活をする上で気になるのは、「変なユーザーとマッチングしてしまわないか?」ということでしょう。

サクラはいないが業者がいる

with(に限らず他のアプリも)には、基本的にサクラは存在しません。

サクラは会員数が少ないサービスが、さも盛りがっているかのように登録させる架空のアカウントです。

ですから、230万人も会員登録数があるサービスがサクラを用意するメリットがないのです

 

ただし、他のサービスへの登録を促そうとする「業者」と呼ばれる人たちが存在します。

彼ら/彼女らは、マッチした人と仲良くなった後で、別のサイトに誘導して個人情報を収集しようとしたり、商材やサービスへの勧誘をしようとするので注意が必要です。

業者の100%排除はできないのできちんと自衛しよう

withでは業者がアプリに登録・使用ができないような対策を行っています。

▼withの不正ユーザー対策
  • FB友達数が10人以下だと登録できない
  • メッセージ開始に本人確認書類が必要
  • 24時間365日体制で、サイト内を有人監視
  • 不正ユーザーへの警告・強制退会

この1と2の対策によって、スパムユーザーが登録することができない状態にはなっています。

しかし、これらの対策だけでは正直不十分です。


AppStoreのレビューより

リリ

とはいえ、これはあくまでもごく一部のユーザーです。

こんな人には気をつけて!不正ユーザーの特徴

もし不安であれば、どういう人が不正ユーザーなのか?を事前に把握しておきましょう。

▼不正ユーザーの特徴
  • with内でメッセージ交換をせず外部で連絡を取ろうとする
  • フェイスブックの友達人数が少ない
  • プロフィール写真が本人の写真と違う
  • 情報商材の勧誘やその他の営業行為を行う
  • カットモデルの募集や芸能界へのスカウトをほのめかす

もしこれらに当てはまりそうな人がいたら、すぐに運営に報告するようにしましょう。

【口コミ徹底解剖】withで実際に結婚はできるのか?

withには『withレポート』と言って、実際に交際・結婚に至った人たちのエピソードが多数載せられています。

名前こそ匿名ではありますが、実際にお二人の顔写真を公開している体験ですので、誰が書いているかわからない匿名のアプリレビューよりはずっと信頼できますよね。

実際に、withを通じて自分の求めるような出会いができた人の事例を紹介していきましょう。

実際の顔写真は肖像権の関係上、この記事に載せることができません。

気になる人は実際に公式サイトから確認してくださいね。

実際に結婚ができた人の口コミ

次にwithをきっかけに結婚した人たちの口コミです。

これからwithを始める人にアドバイスを!
男性33歳Pさん / 女性24歳Kさん
Pさん:彼女いない歴10年を保持していた私にも、無事生涯の伴侶をwithで見つけることができました(笑)ネットで知り合うマッチングアプリなんて…と思われる方もいるかもしれませんが、私からすれば、見ず知らずの人といきなり会う合コンや紹介の方が怖いです!
withは、考え方や価値観が似たパートナーを探したい方にとっての最高のツールだとオススメできます!
Kさん:合コンは性格、趣味、好みはたくさん話さないとわからないですけど、マッチングアプリは好みカードも共通点とかもあってすぐに話が合うとわかるのと、心理テストもあるので誰と相性がいいかもわかってすごくいいと思います!
私の親友や友達にも勧めたら恋人できて、合コンに行くよりいいって言ってくれました!
(引用元:with公式HP「withレポート」より)

こうやってみると、withがこれまで説明してきたように、価値観や考え方が近い人を探している人に向いていることがよくわかりますね。

 

全然彼氏・彼女を作ることができなかった人の口コミ

一方で、全く恋人が作ることができなかった、という人もいます。

しかし、それらの口コミをよく見てみると、クレーマーっぽい意見が目立ちます。

西側 さん
評価:
はっきり言って星0でもいいです!
女性は無料で登録できるとのことで、お遊びで登録している方が多いようですね。このアプリで真剣な出会いは難しいかと思います。
あとマッチングしてメッセージのやちろ地をしても途中でスルーされてとても不快な思いをしてきました
引用元:AppSoreのレビューより
whitebloom さん
評価:
女ですけれど全然マッチングしません。
他のマッチングしやすいアプリでは数順人とマッチングできますが、withはいろんな企画をやっている割に、そもそもの仕組みが異性を探していいねをしづらい仕様なので男女ともにアクティブではありません。
マッチングしない、つまらない、とつぶやきに書いたら運営から却下されるしwww
つまらないので辞めました。

出会えない人はどうして出会えないのか?

こう言ったアプリの低評価レビューを見てしまうと、『ヤバいアプリなんじゃないか』と感じてしまうかもしれません。

しかし、アプリ利用に関して「全く一人も会えない」という状態はまず考えられません。

全然マッチしない、全然会えない、と言っている人は使い方が間違っている可能性が高いのです。

具体的には、

▼アプリで出会えない理由
  • プロフィール写真が悪い
  • プロフィール文章が悪い
  • 業者アカウントの見極め方が悪い
  • マッチング後のメッセージの仕方が悪い

のどれかが問題になっていることが多いです。

withで婚活するなら、プロフィールはしっかり作り込もう

マッチングアプリにおいては特に、プロフィール写真・プロフィール文章・メッセージがキモになります

ここの作り込みが下手だと、どんなに診断テストをやっても好きなものカードを登録しても、いいね!すらもらうことができません。

その点withの運営はよくわかっていて、登録した写真がいいね!をもらいやすい写真なのかどうかを判別してアドバイスをくれます

特に

  • 質問に答えるだけでプロフィールを自動作成できる
  • 好印象の写真になるように採点してくれる

ところがマッチングを加速させて、婚活を前進させてくれます。

自動プロフィールを作成を活用しよう

アプリ初心者が一番悩むのはプロフィール文でしょう。

withの場合、自動でプロフィールを作成できる機能があるので、それを使いましょう。

3つの質問に答えて、仕事と休日の過ごし方を入れるだけで、それっぽく好印象を与えやすいプロフィールが作れます。

リリ

他のアプリとは違って、テンプレートもある程度カスタマイズできるので「どこかでみたことあるようなプロフィール」になりにくいのもポイントです。

このように、「一緒にいると落ち着く人はどんな人?」という質問に対して、自分に当てはまる回答を選んでいくだけで、

こんなふうに、自動でテキストを作成してくれるのです。

リリ

ね、簡単でしょ?

もし他の会員と似たようなものになるのが嫌であれば、以下の型を参考に作って見てください。

  • 最初の挨拶(見てくれてありがとう)
  • 仕事の内容
  • 趣味や休日の過ごし方
  • 他人から見た自分の性格
  • 自分の好きなタイプ
  • どんな関係が理想か
  • 終わりの挨拶(読んでくれてありがとう)
プロフィール例文
人気会員のプロフィールの型
はじめまして!プロフィールをご覧いただきありがとうございます。
私は今、IT企業でマーケティングの仕事をしています。
趣味はNetflixで、休日はドラマをいっぱい見てます(笑)
知り合いからはよく「おっとりしてる」とか「敵を作らない」とか言われます。
自分がそんな感じなので、頼り甲斐のある力強い男性に惹かれます。
お互いの良さがお互いの足りないところを支え合う、そんな関係を築けたらいいなと思い登録しました!
ぜひ気軽にいいね !してくださいね。
最後まで読んでくださって、ありがとうございました。

マッチングしやすいプロフィール写真を登録する

そのあとは、プロフィール写真登録に移ります。

写真はマッチングのためにとても重要な要素です。

女性にオススメの写真

  • 加工しすぎていない写真
  • 笑顔で写っている写真
  • 全身が写っている写真
  • 水着などの露出度が高い写真

男性にオススメの写真.

  • バストアップの写真(アップにしすぎない)
  • 笑顔の写真
  • 趣味が分かる写真
  • 自撮りではなく人に撮ってもらった写真

リリ

女性でも男性でも「笑顔」の写真が超重要です!

 

そして極端に加工された写真は嫌われます。

また登録した写真には、「モテ写真診断」と称して、もっとこういう写真がいいよ。というアドバイスまでくれます。

▼プロフィール写真の良し悪しを判別
  • 顔が近すぎたり遠すぎたりしていないか?
  • 顔に影が出ていたり、暗くなっていないか?
  • 印象に大きく影響する目がちゃんと映っているか?

流石にDaiGoさんが監修しているだけあって、この3つの指標も「いい第一印象を与えるための根拠のある指標」なっています。

リリ

正直、この機能には頭が下がりました

マッチングアプリ初心者の目線に立ってサービスが作られているなと感じます。

ここまで丁寧に作られているので、基本的にアプリの提示してくれるやり方に沿って使用をすれば、「一人にも会えない」なんてことはないはずです。

プロフィール作成後の流れ

プロフィールを作成したら、

  • 診断テストをいくつか受ける
  • 好みカードの登録
  • きになる相手にいいね!
  • マッチングしたらメッセージ開始

という風に進んでいきます。

特に診断テストと好みカードはマッチング率に大きく影響するので、しっかり設定しておきましょう。

男性注意!料金が支払い方法によって変わります(女性完全無料)

withは、女性は登録からメッセージまで全ての機能を無料で使用することができます。

リリ

この点、女性には嬉しいですよね。

リリ

問題は「料金を払う」方の男性です。

無料会員と有料会員の違いは?

無料会員でできることは、いいね!を送りマッチングするまでです。

女性から1通目が送られた場合でも、そのメッセージを開封することも返信することもできません

有料会員になればメッセージが送り放題になり、女性が他の男性から何回いいね!されているのかも表示されるようになります。

基本的に女性とコミュニケーションを取ろうと思ったら絶対に有料会員にならないといけない、と覚えておいてくださいね。

(*1)1通目にLINEやメールアドレスの連絡先を載せるのは違反行為として報告されます。

サイトから登録してクレジットカード決済をするのが一番お得!

withは決済方法によって利用料金が変わります。

一番オススメなのは、公式サイトで登録してクレジットカード登録することです。

AppstoreやGoogleplayからアプリをダウンロードして、そのIDで支払いをしてしまうと500〜600円近く割高になってしまうので注意してください。

  • 公式サイトで会員登録
  • クレジットカード登録
  • そのあとスマホ用にアプリをダウンロード
  • 会員情報を入力してログイン

という順番を守るようにしましょう。

VIPオプションは必要?

VIPオプションは、有料会員のさらにグレードの上がったバージョンです。

性別によって若干追加される機能が変わります。

【男性】

  • プライベートモードが利用可能
  • メッセージの既読・未読を表示
  • 好みカード内でコメントが閲覧可能
  • お相手のプロフィールでトークの傾向が閲覧可能
  • さがす画面でメッセージ返信率が高いお相手のみに絞り込み可能
  • さがす画面でフリーワード検索が利用可能
  • さがす画面の並び変え条件を追加されます(「Facebookの友達の多い順 / いいね!の多い順 / 登録日が新しい順」の3つを追加)
  • ログインステータスの非表示化
  • 「いいね!」を追加で20回分付与。毎月累計50回分(※1)付与

※1:通常付与30回分+VIPオプション20回分

 

【女性】

  • プライベートモードが利用可能
  • いいね!フィルタが利用可能
  • メッセージの既読・未読を表示
  • 好みカード内でコメントが閲覧可能
  • お相手のプロフィールでトークの傾向が閲覧可能
  • さがす画面でメッセージ返信率が高いお相手のみに絞り込み可能
  • ログインステータスの非表示化
  • 「いいね!」を追加で20回分付与。毎月累計50回分(※1)付与

※1:通常付与30回分+VIPオプション20回分

などの機能が追加されますが、正直4,000円近くかけて追加しなければならない機能ではありません。

リリ

マッチング率が劇的に変わるかと言われるとそうでもないんですよね〜

withは前述の通り、アドバイスに沿って正しく使えばしっかり出会うことは可能です。

まとめ:withは婚活に使えるのか?

冒頭でもお伝えしたように、withは

  • 兎にも角にも20代が多い=30代以降は苦戦する
  • 全体的に男女ともに結婚意識が弱い
  • あくまでも恋活のためのアプリである

という理由から、早く結婚相手を見つけたいという人には不向きのアプリです。

 

一方で、

  • 共通の趣味が瞬時でわかるようになっていて
  • どんな人が相性がいいのかはアプリ側で教えてくれ
  • 実際に会ってみた時の検証がかけやすくなる

という特徴によって、「すぐに結婚したいわけではないけど、結婚を意識したお付き合いはしたい」という人のスタートには向いているアプリと言えるでしょう。

【LoveBookの人気記事】

\結婚したい人必見!/
婚活完全ガイド

外部リンクアイコン 詳細をみる>>>

\彼氏・彼女が作りたい人/
恋人作り4ステップ

外部リンクアイコン 詳細をみる>>>

男女関係にまつわる悩み

外部リンクアイコン 詳細をみる>>>

オトナの恋愛事情

外部リンクアイコン 詳細をみる>>>

【LoveBookの人気コンテンツ】

川口

LoveBookでは、婚活中の方に役立つ情報を発信しています!

LoveBookでは、婚活中の方に役立つ情報を発信しています!

公式ラインを追加すると、これから50年間"大好きな人に愛されラブラブで過ごすための"5日間の婚活講座をプレゼントしています。

もう婚活で悩みたくない!という人はぜひ受け取ってくださいね!

川口

「今すぐモテるようになるワーク」もセットにつけておりますので、興味のある方はぜひ登録してみてください!

関連記事

LINE登録で『婚活に役立つ有益情報・動画講座120分』を無料でプレゼント!

 

この記事に関連するラベル

結婚式場サイト一覧

このジャンルのサービス

ページトップへ