婚活で告白をしたけど保留になった時!その不安を解消します。

記事更新日: 2021/01/18

ライター: フジ

この記事を書いた人

フジ/アラサー独身男性

普段は上場企業で営業を行っている、

ごく普通の営業職のアラサー。

そろそろ理想的で真剣な恋愛がしたいとマッチングアプリと婚活サイトを使って検証中。

検証は始めて1年半。結婚相談所の調査の中で企業側の強み弱み・企みを見抜いて有益な情報だけを抽出していきます。

この記事に書いてある事
婚活中に告白して保留になった不安を解消するための全て
・返事を待つ間の不安の整理の仕方
・もしお断りされた際の現実の捉え方
・返事が保留中の時に何を考えるべきか
・相手が保留にしている時の心理と状態について

勇気を出して告白したのに『今は答えが出せない』と保留にされてしまう。

本命ならきっとすぐに答えを返してくれるのに・・・

フジ

不安な気持ちが膨らむばかりで悶々としますよね。

・デートは何度か重ねて順調だった

・LINEや電話も相手に無理させることなく順調だった

・何か不快な思いをさせる事をした覚えがない

自分に思い当たる事がないと、いよいよ相手の出方次第になりますよね。

フジ

まず告白をした方は素晴らしいと思います!

婚活は恋活とは違うので、告白は一生涯の相手として一緒にいる相手を選ぶ事になります。

結婚相談所での真剣交際への告白は、結婚を前提に付き合う事を指していて成婚までリーチがかかった状態へ進むことになります。

きっと相手も生涯を通じて相手を選ぶことに真剣に悩んでいます。

フジ

果報は寝て待てと言いますが、その不安と闘うのにかなり精神をすり減らすと思います。

▼こんな人のための記事です

・告白をしたけど返事がまだ来ない保留中で不安な方

・これから告白をしようと準備中の方(保留されるのが不安な方)

・結婚相談所で婚活中の方全般

▼LoveBookがお伝えいしたい事
  • 担当カウンセラーと気持ちの整理をつけましょう
  • その不安でいる気持ちこそ人生の棚卸しをする機会です
  • 結ばれる場合はその気持ちを忘れない事がかなり重要になり、
  • 残念ながら結ばれなかった時はあなたの伸び代になります
  • 返事を待つ期限を決めて待つようにしましょう
  • 相手の状況を今一度想像しましょう

フジ

誰しもが婚活初心者で、生涯のパートナーを選ぶということは人生の中で滅多にないイベントになります。

まず、不安になるのが普通です。

不安になる気持ちがどこから来るかをちゃんと把握して、どうしたら不安が解決できるか、

そして告白に対する返事があった時にどのように受け止めていくかを解説していきます。

フジ

このページに書いてある内容が婚活をするあなたの背中を押します!

最後まで読んでみて良いと思ったらぜひやってみてください。

保留中の不安の解消の仕方・考え方

フジ

待てないですよね。辛いですよね。わかります。

その気持ち、あなたが真剣だからこそ湧いてくる感情です。

果報は寝て待てという言葉は知っていても、それどころじゃないのが婚活での告白です。

フジ

ただ付き合う事のOKかNGではなくて、生涯を添い遂げるかどうかをアプローチして返事を待っているわけですもんね。

相手が早く返事をくれれば・・ではなくて

まず最初に整理すべきは、なたの感情はあなたのもので、『相手のせいにしない』という所からです。

相手が早く返事をくれればあなたもスッキリできる事は事実ですが、相手を急かしても相手の為にもあなたの為にもなりません。

むしろ急かして落ち着きのない人、待てない人という印象が残ってしまいます。

フジ

もしかして自分のこういう所が相手に引っかかっているかも?と見直す事も大事です。

▼男性のどこで本気が伝わっているか・どこで本気が見極められるかがわかります。

なぜ自分は今不安なのかを客観視する

相手から返事が来ない事にフォーカスすると不安からマイナスな事を考えてしまいがちです。

・自分に足りなかったものは何か

・相手はなぜ返事をくれないのか

・自分はもっとどうすべきだったのか

既に起きた事を変えることはできないので、なぜ今自分が不安に感じているかを丁寧に考え直しましょう。

フジ

安心してください。真剣でなかったら不安にならないものです。

『不安になるほど相手を真剣に思うことができた自分がいる』という事をまずは自己承認しましょう。

フジ

その後に『でも返事がこないことには・・』『だって自分は自信ないし・・』と言葉を加えるのはやめましょう。

告白をしないでいたよりも一歩進んだ事、勇気を持った事が誇りです。

その後の成果に期待すればするほど不安は大きくなります。

あなたは恋愛でドキドキしたくて婚活をしているのではなくて、生涯の楽しく安心できるパートナーを探して婚活をしているのではないですか?

真剣交際へ進めても相手の答え一つでずっと不安になったりどきどきし続けるのってどうですか?

フジ

婚活で告白したあとの不安な気持ちは『今だけ限定』です。

むしろ不安になるくらい相手を思えている自分を称賛していいくらいなんです。

まずは深呼吸しましょう 大丈夫です

一世一代の勇気を振り絞って告白をした人はかなりドキドキしていると思います。

なかなか返事が来ないと不安もあるし、どこに気持ちをぶつけていいか分からなくなります。

フジ

シンプルですけど、今すぐ深呼吸してください。

▼恋愛で不安な気持ちでいっぱいな時のための深呼吸方法

・鼻から8秒間かけてゆっくり吸って

・2秒間止めて

・口から10秒間かけて細く長い息をゆっくり吐き出す

これを2回繰り返します。

体をリラックスさせるための副交感神経が優位になって落ち着くことができます。

フジ

気持ちが落ち着いたら大丈夫と自分に言い聞かせるように口に出したり紙に気持ちを書き出すこともおすすめします。

不安に終止符を。期限を決めましょう

フジ

不安ばかりで仕事や普段の生活に影響がでませんか・・?

きっと仕事も身が入らないくらい悩む人もいるでしょう。

この悩みを持つ全ての人にお勧めしたい方法それが、

期限を決める事

返事をするのは相手であってあなたが不安を膨らませても事態は変わりません。

そこで『いつまでに連絡が来なかったらアクションする』という期限を決めます。

それまでは多少気になっても『まだ期限じゃないから不安に思ってもしょうがない』と思えるようになります。

フジ

相手とそれまで通り連絡が続いているならいつも通りに、こちらから何日までに返事を下さいとは言わないようにしましょう。

《前向きに考えた方がいいんです》お相手は良い意味で悩んでます

結婚相談所での婚活では真剣交際に進むという事は、他の候補者との連絡を断ち切り相手と結婚できるかを見極めるための期間に入る事をさします。

まだ出会って数ヶ月も経たない相手と成婚できると考える事は容易いことではありません。

フジ

今度は悩んでいる相手の立場から考えてみましょう。

初めての事だし今後の事を考えている

婚活や告白をされて相手との今後の成婚と、その後のことを考えるのは『初めてのこと』になります。

言い換えると、これまで考えていなかったことを考えているので時間がかかります。

フジ

覚悟はしていても、いざその壁が目の前にやってくるとすぐに動けない人の方が多いのです。

条件について考えている

改めてあなたの事を客観的に見たり、他者と比べている事があります。

特に以下の内容を考えている事が多いでしょう。

▼あなたのスペックや条件を再確認している
  • 年収
  • 子供の希望
  • 家事への参加
  • 仕事(仕事への復帰など)への理解
  • 自分・相手の両親などの家族とのこと
  • 宗教
  • 結婚後住む場所

特に相手家族と同棲する未来があるとすると、抵抗のある人もいます。

相手とデートをした際に話した相手の価値観と、自分の価値観が合うかを考えるのは、考える箇所が多くて時間がかかるとも言えます。

まだあなたの事を知らない

あなたとデートを重ねているという事は、少しずつ気になっていたとは思います。

ただ、まだあなたの事を知らなさすぎるのかもしれません。

フジ

会ってから過ごした時間はこれまでの友達よりも少ないわけですよね。

▼もしかしらたまだお相手とあなたで話せていない箇所

・ローンがあるかどうか

・宗教の有無

・将来のもっと具体的なイメージ

・結婚後の生活イメージなど

理想だけでなく、現実的にどうなのかといった事がデート中で分かっておらず、不安視から返事が鈍っているのかもしれません。

フジ

分からないままお付き合いするというのは博打ですからね・・。

仕事が忙しくて考えるどころじゃない状況になったかも

仕事をしながら婚活をしている人がほとんどです。

もしかしたら急な仕事が入ってきて婚活どころではなくなってしまったという可能性もあります。

フジ

仕事との両立をして乗り切ってくれることを信じましょう。

あなたではない人がまだ気になっているかも

真剣交際では他の仮交際中の人と連絡を一切取らなくなります。

もしかしたらあなた意外に気になる人とあなたを比べているのかもしれません。

▼想定されるシチュエーション

・他の異性とのお見合いの日程が先で決めあぐねている

・他の相手からも告白を受けており天秤にかけている

・過去の恋愛と相対的に比較している

フジ

重要な決断は妥協したくないですよね。最高な成婚のために考えには時間がかかります。

カウンセラーと相談中なのかも

先にも書いた通り、重要な意思決定には時間がかかり自分一人の考えだけでは不安になるという事もあります。

そこで担当のカウンセラーと直接相談をしている可能性もあります。

カウンセラーとの面談の日程調整から実際に面談を行うまでの時間もあるので、時間が間延びしている可能性もあるわけです。

ちょっと見直しましょう 男女の告白の違い

男性と女性では告白に対する考え方がそもそも違います。

これを知るだけで少しは相手の事が理解できるかもしれません。

フジ

男性よりも女性の方が複雑に、中長期的に考えているものです。

男性は勢いで進みやすいもの

フジ

男性に『なぜ告白に踏み切った?』と聞くとこんな意見が帰ってきます。

▼短期的なテンションのアップダウンで考えている

・前回のデートで手土産を貰ったので自分に好意があると思った

・相手の周りにライバルがいると思って奪われないように先手を打とうと思った

・何回かデートしたので、その気があると思った

フジ

分からないでもないですが、理由が単純なものが多いのです。

女性はかなり冷静に考えているもの

女性はこれまでの恋愛経験から、失敗しないかどうか・この人と結ばれて安定ができるかと考えています。

出産・子育て・仕事のこと・家族のことなどをトータルで考えています。

フジ

男性がその場の恋の終わりという段落で考えているのに対し、女性は前の恋愛や失敗から学び、延長して比較材料を増やしていきます。

根本的にスタンスが違うということを意識しましょう。

告白はコミットメントである

告白は当たって砕けろではダメです。

相手が悩む時間すらも大事にする気概と優しさが必要です。

フジ

自分がなって欲しいように相手をコントロールはできませんね。期待のしすぎは禁物です。

良いお返事がもらえなかった・・次に活かすには

残念ですがそういう事もあります。その時にここで婚活をやめるかどうかはしっかり考えましょう。

ショックが大きい事も事実です。しかしそのショックを克服できて次の婚活に活かせたらもっといい景色が観れるますよ。

フジ

その場では考えきれないかもしれませんが、実際に成婚へ導かれる人は多くいます。

節目こそカウンセラーと綿密に面談を

真剣交際が終わる時、それはまた次の婚活に向けてのスタートを意味します。

しかし、0からのスタートではなく、今回得たものがある状態でのスタートになります。

つまり、ある程度婚活がどういうものかを分かった中で、自分の強みと弱みを把握できた状態になっているとも言えます。

フジ

改めて担当のカウンセラーに客観的に自分を観てもらって、他に改善点がないかをみていきましょう。

心も落ち着いたら再度婚活相手の探しなおしです。

場合によっては真剣交際時にお断りをしていたお相手と《復縁》もありえます。

フジ

繰り返しになりますが、告白をあなたがしていたのであれば、それは大変素晴らしい事です。

一回でうまくいったらそれはそれで嬉しいでしょうけども、婚活はどこがゴールになるかはわかりません。

きっと落ち着いて自分よりも相手のことを考えられるようになった時に相手がYesをくれるようになるのかもしれませんね。

 

この情報を目にしたあなたが幸福な婚活ができますように。

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事に関連するラベル

結婚式場サイト一覧

ページトップへ