【コレだけ読めば大丈夫】婚活で宗教の壁を感じた時に読むページ

記事更新日: 2021/01/13

ライター: フジ

この記事を書いた人

フジ/アラサー独身男性

普段はIT企業で営業を行っている、

ごく普通の営業職のアラサー。

そろそろ理想的で真剣な恋愛がしたいとマッチングプリと婚活サイトを使って検証中。

家族と入っていた神道を抜けて今は無宗教です。

この記事に書いてある事
婚活の《宗教》に関する情報、自分と相手の宗教で困った人・困りそうな人のための全て
  • 婚活した相手がもし宗教だった時に想定される難しさ
  • 愛は宗教を越えられるのか?結婚後の日常生活はどうなるのか
  • 宗教を相手と分かり合えないときはどうしたらいいのか
  • 宗教が悪いのではなくて歪んで解釈してしまったことが原因になる
  • 『宗教』よりも『相手』を見よう

フジ

こんにちはLoveBook編集部のフジです。このページをご覧いただきありがとうございます。

このページを見つけてくださった方はきっと・・

▼恋愛・婚活の中で宗教が問題になっている、問題になりそう

・相手が熱心な宗教家で理解ができず漠然と不安

・自分も入信させられないかと不安

・将来の家族も入信しなければならないのかと不安

・今後も相手を信じる事ができるか不安

・入信者である自分が理解されるか不安

フジ

と、漠然とした不安をお持ちなのではないでしょうか?

実は筆者であるボクも5年ほど前は家族と日本の神様を祀る神道に物心が着く前から入信していましたが、当時の彼女の一言で退会をするに至っています。

今は宗教に賛成するでも反対するでもなく中立的な目線で宗教を見つめています。

▼他にも関連する記事を書いています。

フジ

宗教に入っている故の恋愛・婚活の難しさを味わっているので、同じお悩みの人に向けてこのページを書こうと思い立ちました。

▼このページでのお伝えしたいコト
  • ちゃんと話し合えば宗教の違い・有無を問わず問題ない
  • 熱心すぎるお相手・お相手ご家族だとかなり婚活が難航するので事前確認が重要
  • 宗教に入っている事・入っていない事を理解しあう事ができたら最高(相手へ強要しなくなる)

入信していない人のこれまでの人生観や心情と入信している人での考え方・スタンスは大きく変わります。

恋愛対象となる人が目に見えないものを信じていたり、

自分の信じているものや生きてきたこれまでが不安視されるのではないか

という悩みは婚活を鈍らせます。

フジ

このページではどうしたら分かり合えるのか、どれだけ婚活中の宗教による問題がおきるのかを解説していきます。

【※2021年1月最新】大手IBJが検索から【宗教】を消した

大手企業が宗教での相手検索をやめた理由

結婚相談所の国内最大手のIBJは2021年1月よりお相手の検索の条件部分か宗教での条件検索を削除しました。

他の大手結婚相談所の連盟や組合が宗教の有無や詳細の記載を必須にしたままなのに対して、IBJがなぜ条件から宗教を消したのかを伺いました。

フジ

宗教ってかなりナイーブな内容で相手に対して気になるという人も多いと思うのですが・・?

担当者さん

はい、こちらには理由がありまして・・

▼IBJが宗教を削除した理由

・会員が6.5万人と多い中で、

・顔写真が分かりさらに宗教という個人情報が晒されるというリスク、

・今後も会員が増えたり個人情報を強固に守るためを考えて

担当者さん

2021年1月より削除しました。

セキュリティ以外にも理由がありそう・・

2021年現在で新型コロナウィルスによる自粛規制が強まり、婚活業界も打撃を受けています。

オンラインでのお見合いが生まれるも、積極的な婚活にはなりづらく活動の鈍さが目立つという声もあります。

フジ

つまりこういった理由も考えられるのでは・・?

・宗教について正直に明記されていると申し込まれづらい所に

・コロナによってこれ以上活動が鈍くなることへの懸念

今後の結婚相談所での宗教と婚活について

日本最大手のIBJが動いたことによりもしかしたら他の大手グループも宗教に関する情報を削除する可能性も出てきます。

担当者さん

過去2年近く変わらなかった基準が変わったこの件は見た目は小さいですが、婚活をする人には大きな問題が出ると考えられます。

IBJの直営店であるIBJメンバーズでは入会時に宗教の有無と詳細をヒアリングし、

お見合いや真剣交際に至る際にはきちんと相手に伝わるようにしているとのことです。

フジ

システム変更前と変わらず、担当のカウンセラーが宗教に自分・相手が入信している場合のコミュニケーションの取り方もフォローしてくれるのでご安心ください。

自分では気になった相手が宗教に入っているかどうかを判断ができなくなるという、サクサクしたい人にとっては不向きになりますが、担当者との連携して丁寧な婚活になるように変わっていくことが予想されます。

フジ

ここからは実際に婚活中に想定される宗教の壁とその越え方をお伝えしていきます!

相手が入信者だった場合の懸念点

日本は宗教の自由があるためにたくさんの宗教が存在する国になっています。

文化庁の統計によると、入信者の中での割合は

神道系:47%

仏教系:48%

キリスト教系:1%

諸教:4%

という結果になっています。

フジ

婚活をしていて相手が宗教に入っているという事は簡単にあり得る事です。

結婚後に何かの宗教へ入信するのと、婚活中に既に入信しているのでは感じ方が違ってくると思います。

まだ相手の事をすべて理解できていない状態での不安要素が増えるわけですので、しっかりと考え方を持ちたいところです。

フジ

すべてがその通りになるというワケではないですが、起こりうる懸念点から確認していきましょう。

宗教によるどんな生き方や思考パターンがあるのかを理解しましょう

宗教に入信している人は価値感の多くは宗教での教えがベースとなり、自我を宗教での教えをもとに判断している事があります。

つまり、困った事があった時や嬉しかったときがあった時に

▼こんな思考回路になっています(一例)

・神様の言いつけを守ったから幸せがきたんだ

・困った事が起きたので宗教での教えに基づいて解決してみよう

・なんで神様を受け入れないで不安になるような人生を選んでいるのだろう

フジ

宗教での教えや神様という存在>自分の考えや思考・自我となっている事が多くあります。

筆者の家族もこの傾向が強かったです。

※正しく宗教を理解している場合は、人と人、神・仏に対して上下を作ったりはせず、今を生きる事に一生懸命になるように教えられるはずですが、会員全員に正しく伝わることはまずないです。

つまり、うまく行ったこと・うまくいかなかったことへの解釈を宗教を通して判断をします。

フジ

言い方を悪くすると、起きた事を自分ごとにすぐできないか、自分主体にしないという見え方になるとも言えます。

価値観の不一致

上記のように、自分の自我よりも宗教での教えや価値観が先行して考えているため宗教に入っていない側の人からすると『なぜそうなるのか』

が理解されづらいです。

フジ

物心がつく前から入信している人もいるし、自分と違う考えである事に対して不安を覚える人は少なくありません。

▼実際に筆者が感じた入信していない交際相手とのギャップ

・なぜ自分が優先で他人を後にするのかが理解できない(電車の席を譲ることがないなど)

・なぜ人の悪口を平気で言えるのか咎めると拗ねる(愚痴をきいて欲しいだけの彼女の気持ちを正したくなってしまう)

・コンビニの店員さんにありがとうございますと深々とお辞儀をするとドン引きされた

もちろん宗教に入っていてもいなくても起きることではありますが、清く生きようとする自分に相手は結構拒絶反応がありました。

▼なぜそんなに嫌がるのか聞いてみると・・

・良い人ぶっていて嫌だ

・近くにいる分、自分と比べてしまうので自分が惨めになる

・自分がしたいようにすればいいじゃん

・悪い事をして神様からのバチがあたらないように恐れているみたいでなんか・・

フジ

相手が困惑しているたびにゆっくり話し合いをしましたが、基本的には漠然とした不安は抱えたままだったようです。

価値観がぴったり一致する事は滅多にないと思いますが、宗教というキーワードを出しているとそれを理由に価値観がずれていると感じてしまう事も事実です。

生活リズムの食い違い

宗教へ入信している場合、催事などが決まったタイミングであるためプライベートよりも優先していることがあります。

・年に数回の聖誕祭・祈願祭

・月の定例会

・朝夕の礼拝など

フジ

たまの休みでデートや団欒と過ごしたいときにこういった行事がかぶる事も・・

理解があれば大丈夫ですが、理解がない場合は怒りや不安の矢面が一気に宗教に向かってしまいます。

家族へ挨拶へ行く時の問題

この問題が一番大きく深刻化しやすいと考えておきましょう。

順調に恋愛・婚活が進んでもあなたか、お相手のご家族が宗教に入っている事で婚活がうまく進まなくなってしまう可能性があります。

過去に宗教の勧誘で嫌な思いをした人や不安なイメージを持ってしまっている人は多いと考えてましょう。

結婚後のカミングアウト

宗教に入信しているかを聞き出すタイミングは人それぞれですが、できるだけ早期に話しておく事がおすすめです。

結婚・出産したあとに話されても困惑してしまう事の方が多いでしょう。

フジ

結婚相談所での婚活なら、お見合いの時に確認するか事前に担当カウンセラーを通して確認しておきましょう。

宗教が絡んで婚活に失敗した事例

ツイッターや2chなど様々なネット上の情報で宗教によって婚活がうまくいかなかった事例を集約しました。

現実的にあなたにも起こりうることなので、まずは事例ごとにみて行きましょう。

フジ

事例と失敗しにくくなるためのポイントを解説していきます。

相手親への挨拶時、相手の親が熱心だった

家に上がってみるとご立派な仏壇やお香の香りが・・なにやら神棚も神々しい・・。

家の壁に政治家さんのポスターも貼ってある。

もしかしたらお相手のご実家を訪ねた時にこういった風景が広がるかもしれません。

フジ

最悪なシナリオはそこで勧誘が始まったり、入信しないと結婚を認めないというパターンです。

入信することを条件にして我が子との結婚を認めないという親

自分が宗教観を持って大切にしてきた子供を、宗教観のない相手に委ねるというのが怖いのでしょう。

ホントはこの時点で歪んでいるのですが・・

宗教では条件付きで幸福を手に入れる事や、人を自分の所有物のようにはしないのが基本です。

フジ

しかしそこで言い争いになると関係が悪化してしまうでしょうし、その場では話を持ち帰る事が得策になるとしか言えません。

つまり、熱心というより捻れて解釈した宗教観を持った人を説得をするのはかなり難しいと言えます。

相手親への挨拶時、自分の宗教が受け入れられず

またその逆もあります。あとあと問題になる事を危惧して先に相手の親に伝えたところ、拒否されてしまうというケースです。

この場合は大抵、交際中の相手には先に伝えていたが親が認めなかったというパターンです。

フジ

挨拶に会う事も許されず、文字通りの門前払いを受けて最終的には破局という悲しい事も。

自分の親が熱心なあまり修羅場になる

これはトバッチリを受けたパターンになります。

熱心であればあるほど、加熱しやすいのかもしれません。

フジ

『人と自分は違っていい』という感覚がいつのまにかなくなっている人もいます。

話し合って分かり合えれば苦労はないのですが、合う前に世間から宗教へ向けられている評価というものは厳しいものです。

無宗教同士は穏やかに見えてしまう

婚活で悩みが一つ減るということだけでも心理的な負担が激減するでしょう。

上記にあった通り相手の家族と会うとなると、かなりプレッシャーもある中さらに宗教がネックになるということは、

・あって間もない人の価値観と相容れられない空気が漂い

・結婚前提で話にきたのに不穏な雰囲気になり

・相手に良い印象どころか、悪いイメージをお互い残してきてしまう

フジ

良いスパイラルが生まれずらいのが婚活中の宗教の問題です。

もちろん、それを打開して幸せになる工夫はいくつもあります。

フジ

ボクはきちんと話し合えば愛は宗教関係なしに育めるものだと考えています。

どうしたらその差に感じるものを埋めていけるのかアイデアを紹介します!

どのようにしたら分かり合えるのか?

『自分から』聞き出すアクションを取る・準備する

宗教を全く気にしない人であればそれでおしまいですが、聞き出すまでには緊張や不安があると思います。

しかし、その不安を抱えたまま過ごすよりも早期に対応しておく方が自分のためにも相手のためにもなります。

フジ

宗教については相手の思想が絡む軽い問題ではないので、事前に用意をしっかりしておきましょう。

▼準備すべきこと

・自分の不安に感じていることを紙に書き出す

・自分がなぜ不安なのかを書き出す

・それを解決して自分はどうなりたいか・相手とはどうなりたいかを明確にする

フジ

漠然とした不安を頭の中だけで考えていても生産性がありません。

不安の由来が将来に対してなのか、過去の勧誘などの嫌な経験からのものなのかもハッキリさせておきましょう。

これによって相手に伝えるべき言葉が変わるからです。

相手のためを思い、自分の婚活を大事にするのであれば丁寧に準備をしましょう。

不安だったら第三者に一度相談を

婚活中での宗教の不安解決は一筋縄では行きづらいでしょう。

落ち着いて冷静に判断できる二人の共通の友人か、結婚相談所なら仲人に相談をしましょう。

フジ

お互いが感情的になってしまうと話が進まなくなるので、冷静に客観視できる人が必要です。

▼リハーサルをするとより良い

相手がどういう態度に変わるかが分からないので、何パターンか練習すると良いでしょう。

少し気恥ずかしさもあるかもしれませんが、これで相手と本番一発勝負で宗教の話をするよりは全然良いです。

相手の気持ちを逆撫でしないコミュニケーション

相手も相手なりに宗教に入る選択・入っていないという選択をしています。

これを否定から入る・いきなりなぜ?から入ると相手が萎縮したり苛立ってしまいます。

日常的な会話からフックをかけていくと自然です。

▼自然な会話例

・家族について会話→高齢の家族のこと→お葬式の経験→『お葬式は日蓮宗のお寺であげました』そういえば私は無宗教なんですが、○○さんは何かご信仰されてるものってあるんでしょうか?

・クリスマスって協会のミサ曲があっていいですよね。私は特に宗教には入っていないんですが、こういう綺麗なものは好きです。○○さんは何か信じている神様とかってあるんですか?

できるだけ共通のイメージが持ちやすいキーワードからフックをかけていきます。

フジ

とにかくいきなりは聞かず、様子をみながら聞いていきましょう

相手の価値観をしっかり聞いて理解を深める

大事なのは自分の不安を解消するのではなく、相手の価値観に触れた上で、どのように接したら良いかを見つけることです。

フジ

たまに勘違いしている人がいるのですが、自分の不安だけを解消しようとするのはNGです。

for meな考え方は宗教の有無に関わらず長続きしなくなる原因なので、しっかり相手への傾聴・興味関心・共感できることを探すということをすれば相手の理解を深めることができます。

対象は『宗教』ではなく、『相手』であることをお忘れなく。

どうしていったら二人の気持ちの折り合いがつくのかを考える

これをゴールにできたら最高です。

お互い不安に思うことや価値観がズレている所から始まるのは普通です。

一回で理解しあえないこともあるかもしれません。

フジ

だけどそれを互いのために向き合い続けることができたら仲は深まっていきます。

また、家族への挨拶でなんと言われようとも、乗り越えられるだけの絆ができているはずです。

筆者の家族では母は神道に入っていますが、父は入っていません。

しかしお互いの理解があるからこそ夫婦を続けていられます。

フジ

まず話し合いを、そして理解をして認め合う、そこから相手とズレて不安なたびに話し合いを繰り返していくものです。

宗教も恋愛も明確な正解がないものですが、だからこそしっかり向き合っていくべきだと筆者は考えています。

フジ

困難は乗り越えた人だけにしか見えない景色を用意しています。

どうかこの情報を読んだ方が宗教のことで恋愛から目を背けず、向かい合っていただけることを願っています。

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事に関連するラベル

結婚式場サイト一覧

このジャンルのサービス

ページトップへ