恋愛クリエイターバイアンド(baiand)さんが語る「私がYouTuberになった理由」

記事更新日: 2021/08/21

ライター: 川口 美樹

この記事を書いた人

川口 美樹LoveBook編集長

恋愛・結婚・パートナーシップの専門家として書籍の出版やTVにも出演

 

マッチングアプリや結婚相談所業界の裏側にも精通。Twitterのフォロワーは1.3万人。(プロフィールページ

 

「発信者の"普通じゃない"想いを掘り下げる」

そんなテーマで始まった恋愛YouTuber特別インタビュー企画。

 

川口

今回は、恋愛クリエイターとしてマルチに活躍しているバイアンド(baiand)さんです!

▼バイアンドさんのSNS一覧表
YouTube バイアンドbaiand
Twitter @baiand_b
Instagram バイアンド@恋愛クリエイター

 

独自のデザインセンスや魅力的な人柄を活かし、人気YouTuberとして恋愛心理を幅広く発信されています。

TwitterやInstagramとも連動してYouTubeで14万人のフォロワーを誇っています。(2021年7月27日現在) 

川口

神秘的な雰囲気があり、プライベートも多くは語らないバイアンドさん。

 

「一体、どんな想いでここまできたのか」気になりませんか?

 

そこでバイアンドさんの素顔に迫るべく、LoveBookが直接取材を敢行!

その結果、今の可愛らしい発信の裏には、過去の悔しい想いが隠れていたことがわかりました。

彼女がどうして恋愛の発信を始めたのか?その現在・過去・未来について伺ってきました。

 

川口

バイアンドさん、本日はお話しできるのを楽しみにしていました。

 

よろしくお願いします!

バイアンドさん

こちらこそよろしくお願いします(^^)

このページの目次

【YouTubeで初公開】特別な思いを込めた「バイアンド」の名前

川口

バイアンドさんのお名前には由来があるんですよね?

バイアンドさん

この名前の由来には、私の思いが詰まっているんですよ!!

バイアンドさん

バイアンドという名前は、3つの意味を込めて作った造語です。

 

①倍音=音の周波:倍音成分良いと良い音色になる

②viand=食べ物:食べることは生命線

③and=二つのものを繋ぐ:いつも誰かに届ける気持ちを持ちたい

 

です。

バイアンドさん

この3つの言葉を合わせて、「自分の発した声(倍音)により、誰かにとって生命線(viande)のような特別さを生み出させたり、心を動かすものを誰かに届けたい(and)」という思いを込めているんです!

川口

なるほど・・・「自分の声で誰かにとって特別なものを届けたい」という由来だったんですね!

バイアンドさん

名前の由来を知らなかった人は多いと思います!(笑)

 

実は今回、名前の由来をしっかり公開したのは、応援してくれる人へ感謝の気持ちを伝えたかったからなんですよね!

バイアンドさん

感情が出ちゃって言葉に詰まっている部分もありますが(笑)、ぜひこちらの動画を見て頂きたいです。

 

女優を目指して上京!ライター業との出会い

「藤原竜也さんと共演したい」だけで女優を目指して上京!

川口

YouTube活動の前には、どんなことをされていたんですか?

バイアンドさん

最初は芸能活動に興味があって、小学校2年生の頃から女優になりたいという夢がありました!

 

デスノートの藤原竜也さんの演技を見て、「私、絶対この人と共演する!」という思いだけで上京してきました(笑)

川口

すごい動機!

バイアンドさん

もともと、猪突猛進タイプでこれと決めたら突き進む性格だったので(笑)

川口

いきなり飛び出したら、ご両親に心配されませんでしたか?

バイアンドさん

親も放任主義なんですよね(笑)

 

私が「これからカンボジアに行ってくる」と意味不明なことを言っても、「行ってらっしゃい」と快く送り出してくれるような親だったので、全く心配されませんでした。

 

そんな環境もあってか、自分の中に夢を諦めるという選択肢がなかったですね!

 

【自分で自分をプロデュース】ライティングとの出会い

川口

上京されてからはどのような活動をされていたのですか?

バイアンドさん

オーデションを受けていて、『女優の才能ないけど歌の才能はあるからそっちに行きなさい』と言われることが多くて。

 

それ次第に女優と歌手の両方やってみたいと思うようになりました。

川口

自分の新たな才能を見つけたんですね!

 

誰も知り合いがいない土地での挑戦、心細くはありませんでしたか?

バイアンドさん

はい、、友達と知り合いもいなくて、ツイッターで知り合い作ることを始めたんですけど…

 

実は、そのとき知り合いになった起業家の方が、今の活動を作るきっかけをくれたんです!

川口

ほう!それは具体的にどのようなきっかけだったんですか?

バイアンドさん

私が自分の夢を話したときに起業家さんがくれたアドバイスなんですけど

 

 「事務所に所属するとマージンも取られるし、事務所都合でイメージを固められてしまう。でもこれからは、誰からも指図されずに一人で自由に自分を発信できる時代だよ」と教えてもらったんです。

川口

確かに、昔に比べて事務所に所属しないで、YouTuberから始める方もいますよね。

バイアンドさん

その言葉をきっかけに、自分でプロデュースして作っていくのも良いなと思うようになりました。

 

ただ、お金と時間も必要だったので、まずは情報発信にも必要なライター業から始めたんです。

 

【勇気すごい】本職の稼ぎを捨ててYouTuberになった理由

川口

でもまた、どうしてライターになられたんですか?

バイアンドさん

人生や行動に影響を与える「文字」を人に届けていきたいと思ったからですね。

 

ライターとして起こした文字と作詞作曲の中で作る歌詞と、近いものを感じたんです。

 

言葉の使い方、人への届け方など、ライティングから得られるものがあると思いました。

川口

ライター時代に学んだことが、今の活動にも役立っているんですね。

 

「もっと知名度があれば・・・」ライター時代に感じた限界

川口

具体的にはどんなお仕事をされていたんですか?

バイアンドさん

企業から案件を委託されたり、自分でブログを書いていました。

川口

失礼な質問かもしれないですが…ブログはうまくいっていたのでしょうか?

バイアンドさん

ライター一本で生活できるくらいにはなりましたよ!

 

ただ、思うように情報が届かない歯痒さも同時に感じていました。

川口

といいますと?

バイアンドさん

自分に知名度がなかったことで、

 

  • もっと伝えられたことがあったのでは
  • もっと正確な情報を伝えられたのでは

と感じることが多かったんです。

川口

確かに、どんなにコンテンツが良くても、知名度がないと届けたい人に届けられないですよね。

バイアンドさん

書いている内容以上に誰が書いているのかが重要なんだと痛感したんです。

 

【届けられなかった・・】"知名度"に苦悩したライター時代

バイアンドさん

何かを発信して伝えていくときに自分の知名度は重要だと思います。

 

見てくれる人が少ないと「本当の想いこうだよ」という自分の熱量を届けられません。

 

信頼度の高い人が発信するからこそ、人に届くことがあるなと思います。

川口

確かに・・・

バイアンドさん

私は今後、音楽や人前で喋ること、ファッション、デザインや絵などもやっていきたいと考えています。

 

でもこれらも自分にまず信頼と知名度ををつけてからやった方が、良い影響力を持てると思うんです。

 

【自分の本音に挑戦しよう】本業の収入を手放しても

川口

バイアンドさんは今はライターとして働かれてないですよね?

 

ある程度成功していたものを、辞めるのはもったいないと思ってしまったのですが・・・

バイアンドさん

ふと自分の将来を見据えた時、このまま大きくなっても「ブロガー」でしかないなと気づきました。

 

スキルは身に付くけれど、なりたかったアーティストにはなれないっていう危機感がありましたね。

川口

辞めると収入が0になってしまうリスクがあったと思います・・・

 

逆に、アーティストの道を辞める決断はしなかったのですか?

バイアンドさん

それに悩んだときもありました・・・

 

でも、自分が芸能活動をすると決めて始めたことをこのまま崩したくなかったので、裏方から表に出るという根っこの部分を変える決断をしました。

 

【いじめを乗り越え】"広い世界"を見られたことが自信になった

【驚き】最初から恋愛を専門に発信するつもりじゃなかった

川口

ライターを辞めて、初めて自分を発信していく場所として、YouTubeを選んだのは理由があったのですか?

バイアンドさん

動画コンテンツを活かして、自分自身を不特定多数の人に知ってもらうために、YouTubeをいったん始めてみようと思いました。

川口

現在のバイアンドチャンネルでは主に、恋愛系のコンテンツが発信されていますが、恋愛系は得意分野なのですか??

バイアンドさん

得意分野ではなかったですよ(笑)

 

どうすれば視聴回数とれるか模索して、再生回数が伸びたのが、女の子が男の人に対してどう思うのか恋愛観をアップした動画でした!

 

男は脱毛すべきだという男友達の脱毛話に反論する動画をアップしたところ、グンと再生回数が伸びたんです!

 

自分のバネになった「いじめられた経験」

バイアンドさん

今では、こんなに恋愛について話していますが、学生時代は顔も不細工だって振られていましたね・・・

 

告白して振られていたこともあり、学生時代は友達にいじめられました。

 

女優になりたいと言っていたし、絵を一人で描いているような不思議ちゃんで、感性も変と思われていて、走り方もバカにされていたし、いじめの対象になりやすかったのかもしれないです。

川口

そんな過去があったんですね…

バイアンドさん

私自身振られたことも多くて「モテる人になりたい!」思って、心理学を勉強するようになったんです。

 

その経験があったからこそ、今こうして発信ができていますね。

 

「自分が輝ける場所」それは”今より広い世界”に必ずある

川口

バイアンドさんのような経験をしたら辛くて自分を見失ってしまう人もいるかもしれません・・・

 

大変な経験だったと思いますが、バイアンドさんは自分を見失わなかったのですか?

バイアンドさん

周りに気持ち悪いといわれていた絵も、教師やコンクールの場ではとても評判が良かったですし、顔も自分でパーツパーツ見れば悪くないって思っていました。

 

だからこそ、「いつか絶対に今みたいに活動ができる日が来る」と言い聞かせて自分を信じていました。

バイアンドさん

自分のやっていることを辞めようではなくて、環境が狭いからそうなっているだけ。東京とか広いところに行けば、絶対良いって言ってくれる人がいると思って頑張っていましたね。

川口

いま見えている狭い世界ではなく、より広い世界に行けば必ず自分が輝く場所がある

 

本当にその通りですね。

バイアンドさん

デザインのコンテストで賞をもらったことも大きかったです。

 

高校生の時に、自分の書いた服のデザインが3000点の中から数点に選ばれたんです。

バイアンドさん

同時に、全国から集まった作品を見てすごいと感動しました。

 

「外の世界には、自分がすごいと思えるものがたくさんある」

「自分の目指しているものは、今の延長線上にある」

 

そう思えたことで、自分の道を信じられたのだと思います。

川口

いままさに、"狭い世界"で自信を無くしている人にとっては、勇気になる言葉だと思います。

 

海外に向けたアーティスト活動を視野にいれて準備中

【海外へ感動を!】私だから伝えられる"日本の美しさ"

川口

アーティストとしても活動されていこうとしているとのことですが、どんな展開を考えられたのですか?

バイアンドさん

日本人ではなく、海外の人に向けた曲を作っていきたいです。

 

歌詞も英語で考えています!

川口

英語の歌詞ですか!!

 

どうして日本ではなく、海外なのですか?

バイアンドさん

実は、私ずっと洋楽が好きで聞いていました!

 

日本語や日本の韻の踏み方は美しいですが、世界でも日本人しか分からないというデメリットがあり、 日本人は感動しても、他の国では中々伝わらないのは残念だとな思います。

バイアンドさん

そこで日本人であることをプラスにとらえて、日本独特の文化や特性をいかして海外に出た方がアーティストとして成功するのではないかと考えています。

 

辛い時に心を支えてくれた"音楽の力"

川口

バイアンドさんはオーデションでも歌手としての才能があると言われていましたね。

 

音楽には特別な思い入れがあるのでしょうか?

バイアンドさん

私がいじめられていた時に支えてくれたのが音楽でした。

 

私は、絵をかきながらずっと音楽を聴いていましたが、それが心の支えとなっていて、今の自分がいます。

 

世の中にそういう風に苦しんでいる人がいるなら、自分と似たように苦しんでいる人を音楽で支えたいです。

川口

なるほど、そこにもやはりご自身の体験が元になっているのですね。

 

【複雑な時代に生きる人たちへ】これから生き抜くために間違いなく必要なこと!

【道を切り開き成功させるカギ】それは"あらゆる可能性"を持つこと

バイアンドさん

私が大事にしていることは、いろんな方向に行ける可能性があるものをベースにして一つ作るということです。

 

音楽チャンネルは、自分の好きなことで海外に向けて自分の音楽を発信している役割がありますが、私の夢叶えるための一番近道になる可能性があります。

バイアンドさん

恋愛のバイアンドチャンネルは、現在の知名度を高める役割と、このチャンネルから歌手活動に繋がる可能性があります。

 

いつかバイアンドチャンネルで、歌手として素顔を見せる日がくるかもしれません!(^^♪

 

【柔軟さを持って!】それが大きな目標を叶えるには欠かせない

川口

バイアンドさんの考え方は、先進的でとても柔軟力があると思います。

 

その考えは小さい時からあったのですか?

バイアンドさん

子どもの時から二面性を考える癖があったと思います。

 

例えば、音楽が好きだからクリエイティブに生きていくという面と、クリエイティブの世界で上手くいく人一握りだという面があります。

バイアンドさん

もし私がクリエイティブの才能が飛びぬけていたららもう世にでていると思います。

 

でも、自分は突出はしてはいないけど50点ぐらいの才能あるとも思っています。

 

あとは、それをバンと活かせる自己プロデュース能力が足りないと感じています。

川口

この時代において、その考え方は大事ですよね!

 

今持っているもので最大限良く見せる活かせる力や、成功するために柔軟に変化することが必要ということですね。

バイアンドさん

そうです!

 

「 大きな目標をかなえるために柔軟に今やることを変える」これも大切です。

川口

バイアンドさんにとって「大きな目標」とは何ですか??

バイアンドさん

表現者として女優や海外で活躍するアーティストになることです。

 

それを叶えるために、いまは恋愛クリエイターとしてYouTuberで発信中です。

バイアンドさん

ゴールという目標を決めて、そこにたどり着くまでの過程で今やることをしっかりやって、柔軟に変えていくことで、自分の信じているものを叶えていきたいですね。

 

バイアンドさんがファンに伝えたいメッセージ

川口

バイアンドさんが、ファンのみなさんに伝えたいことはなんでしょうか?

バイアンドさん

私は、学生時代に辛い経験をしました。

 

それでも私が希望を捨てなかったのは、自分を見失わず信じていたからです。

 

もし、今悩んでいる人がいるなら、今いる狭い世界ではなく、もっと広い世界であなたのことを良いと言ってくれる場所があることを忘れないで欲しいです。

バイアンドさん

そして私の発信したことが、そこだけで終わってしまわずに、ずっと誰かの心に寄り添い続けられるそんな発信を思っています。

 

気兼ねなく私の動画を見て笑ってくれたり、癒しになれる存在でいたいです。

 

終わりに

 

キュートで癒される雰囲気と、鋭くアーティスティックな感性から発せられるバイアンドさんの発信。

その裏側には、いじめを乗り越えた経験や、知名度の低さに挫折した経験がありました。

それでも、なりたい自分を信じて"より広い世界"へ挑戦し続けるバイアンドさんには、芯のある人としての強さを感じました。

恋愛だけにとどまらず、音楽やデザイン、ファッションと活動の幅を広げていく、これからのバイアンドさんの活躍から目が離せませんね!

この記事に関連するラベル

結婚式場サイト一覧

ページトップへ