AI婚活を考える事で人生のきっかけになれ〜幸せは恋愛経験でもお金でもない〜

記事更新日: 2020/12/07

ライター: よーへー

この記事を書いた人

よーへー恋愛・婚活アドバイザー

40歳までに結婚、子供二人の子育て、離婚を経験し、現在は再婚しています。
人生の荒波を乗り越えた経験を生かし、今では多くの人の悩みを解決しています。

よーへー

最近、AI婚活が話題に上がることが増えています。

政府は来年度から「少子化対策」としてAI婚活の後押しを発表しています。

各自体が婚活事業へAIを導入する場合、その2/3を補助するというもの。

しかしAI婚活反対派が多ことも事実。

そんなことにお金を使うなら、

  • 若い層の貧困者へ
  • 子育て世代のお金で困っている人たちへ

補助を出すべきことこそ「少子化対策」だという声が大多数になっています。

よーへー

確かにその気持ちはわかります。

しかし、 もしお金と時間の自由があって、家族と生き生きわくわくできる社会があったとしたらそっち方がよくないでしょうか。

  • 自分なんかに結婚は無理だと思ってる
  • 本当は結婚したいけど経済的に心配だから独身を選ぶ
  • 独身の方が楽で良い

よーへー

こんな思いの人へ届いて欲しいです。

今お金がなくても、今パートナーがいなくても、幸せになれる

恋愛結婚の離婚率40%

昔はお見合いがほとんどだった時代を経て現在はほとんどの結婚が恋愛結婚という時代になっています。

またマッチングアプリや結婚相談所のマーケットが拡大を続ける時代にもなってきました。

それも離婚率は年々高まり、現代では離婚率35%、年間離婚件数は22万件にも上ります。

よーへー

もはや恋愛を経て結婚したとしても安泰とは言い得ない時代ですね。

逆にマッチングアプリや結婚相談所を経て結婚するカップルが増加傾向です。

実はマッチングアプリや結婚相談所の離婚率も、これらのサービスを使わない恋愛結婚に比べて離婚率は低い言われています。

お見合い結婚離婚率10%

よーへー

もう完全にお見合い結婚の方が離婚しにくいですね。

離婚しないこと=(イコール)幸せとは言い切れませんが、恋愛結婚しても1/3が離婚してしまう今の世の中は悲しいですね。

なぜお見合い結婚は離婚しないのか

最もよく言われているのは、目的の違いからくる結婚後に出てくる性格の不一致です。

  • 恋愛結婚:ドキドキして今絶対離れたくない
  • お見合い結婚:経済面の安心や価値観のズレがなく、長い間一緒に過ごしたい

長期目線で見られているか、結婚生活に大事なことを優先しているかが差になっているように感じます。

そして、選べる幅が恋愛結婚に比べて多くはないことから、どんなに自由に選べてもそれは離婚のない生活を保証する者ではないことが分かります。

AI婚活よりお金を配れ派に反論

世の中の声は、

  • AI婚活事業にお金を払うならお金配れ
  • 結婚したって今は子供を育てづらい世の中だから保育園や公園を整備しろ

であることは理解します。

しかし以下のような調査結果も出ています。

「結婚相手を愛してますか」に対して、「そう思う」と答えた割合

男性年収300万未満:45%
男性年収800~1,000万円:28.7%

女性年収300万円未満:51.9
女性年収800~1,000万円:38.0%

参考 MDRT日本会

この調査からも、いかに人の幸せがお金ではないところにあることがわかります。

よーへー

少し固定概念を外してゆったり考えてみましょう。

AIで始まる恋もあると信じている

よーへー

ではAIによる出会いはどうでしょうか。

離婚が増えた自由恋愛とは逆の方向へ

趣味や価値観への質問の答えをAIが分析し、年齢や年収、学歴といった条件に合わなくても、「自分を好きななりそうな人を紹介する」というもの。

まさに自分では選ばないような人との出会いであり、離婚が多くなった原因の自由恋愛とはまた逆の発想になります。

運命より大切なことがある

よーへー

ここは少し持論になりますが。

ここまで来て分かることは2つあります。

  • そう簡単に「運命の赤い糸」や「白馬の王子様」は実現しないということ
  • もっと大切なことがありそうということ

1.はまあそうかなと思う人も多いかもしれませんが、2.のもっと大切なこととはどんなことでしょうか。

もし無人島に自分と見知らぬ異性の二人だったら

これはあくまで例えですが、この状況であればお見合い結婚で離婚率が低いように、自由恋愛でなくても幸せな結婚になることも十分考えられるのではないしょうか。

無人島での二人だけの生活では自然と以下のようにならざるを得ません。(→結婚後の生活への転換)

  • 大切にしないと生きていけないし子孫も残せない(→暴力はしない)
  • 精神的にフォローして助け合う(→精神的な暴力もしない)
  • 少ない食料を分けて食べる(→お金は一緒に使う)
  • 浮気する相手がいない(→異性関係のトラブルがない)

結果的に自由恋愛のように選んでいない相手とも十分幸せになり得るということが伝わると思います。

よーへー

好きだから大切にするだけが幸せではなく、大切にしているうちに十分大切な人になっていくということですね。

お金も時間の外側で作れる時代になってきた

ではお金の問題はどうするか。

  • 共働きで頑張る
  • コストカットをがっつりやって、こつこつ生きる
  • 時間外側でお金を稼ぐことに挑戦する

1.や2.の考え方の方が以前から根付いており、こちらをイメージする人も多いかと思います。

しかし、昨今では「終身雇用制度の崩壊」「副業解禁」など、決してこつこつ生きることで会社や社会に守られる時代ではなくなて来ています。

  • 年金制度の崩壊
  • 消費税増税
  • 医療費増大

など、いわゆる昔ながらの理想の家族像であっても何らかのお金に対する勉強、人生設計は必要になって来いています。

情報の良し悪しは当然見極める必要はありますが、Googleで検索するだけでも多くの副業や個人事業主としての資本の作り方も検索できる時代です。

そんな時代だからこそ、「経済的に不安」、「AIでの出会いでは幸せになれない」なんてことは言わずに生きたい人生を選択してみることをおすすめします。

提案:経済面や自分の恋愛経験を言い訳にせず図星の選択をしてみませんか

今回の記事では、

  • 年収や容姿で選ぶ自由恋愛だけが幸せの定義ではなく、出会った後に大切な人にしていくことも出来る
  • お金がある事だけが幸せの定義ではなく、会社に頼らずお金を作っていくこともできる

ということを伝えています。

今お金がなくても、今パートナーがいなくても、未来は変えられます。

よーへー

AI婚活の可能性も追いながら、自分の人生を考えるきっかけになる記事になれば幸いです。

 

この記事に関連するラベル

結婚式場サイト一覧

ページトップへ